ニュース

  • リーグ情報
  • 2015シーズン試合形式について
  • 2015年2月12日

いつも日本女子プロ野球リーグに、温かいご声援ありがとうございます。
この度、2015年シーズンの試合形式が決定いたしましたので、お知らせいたします。
今シーズンは、より地域に密着してくため3月28日(土)の京都フローラ開幕戦を皮切りに、各球団の地域に合わせた球場で試合を行ってまいります。
 
nittei_np.jpg

表示
 
ヴィクトリアシリーズ…リーグ戦。今シーズンは「京都フローラ」「埼玉アストライア」「兵庫ディオーネ」で戦いを繰り広げます。年間72試合実施予定です。
 
ティアラカップ…女子プロ野球4チームで戦うトーナメント戦。東北大会2大会の4試合実施いたします。
 
オールスター戦…歴代選手を含む女子プロ野球選手を2チームに分けたドリームマッチ。
 
女子野球ジャパンカップ…プロ・アマチュアの全国の強豪チームが日本一をかけて戦う注目のトーナメント戦。
 
女王決定戦…前期優勝チームと後期優勝チームにて女王決定戦3試合を行い、2戦先勝したチームが年間女王となります。前期優勝チームと後期優勝チームが同一の場合は、勝率2位のチームが女王決定戦進出となります。
 
東北レイアは、「チャレンジシリーズ」と称して、プロ3チームいずれかと試合を行う公式戦を9試合実施します。
また、シーズン3位のチームと女子野球ジャパンカップの出場をかけた試合を1試合実施します(引き分けの場合は、シーズン3位のチームが女子野球ジャパンカップ進出)。
 
そのため、東北レイアの公式戦としては、「ティアラカップ2大会4試合」と「チャレンジシリーズ9試合」、「女子野球ジャパンカップ出場決定戦1試合」の合計14試合となります。
 
試合日程、ルールについては、後日お知らせいたします。

>> ニュース一覧に戻る

>> JWBLトップへ

ページトップへ

リンク

女子高校野球情報
お問い合せはこちら

サポート企業

わかさ生活