2020年8月、高校生の大会が新型コロナウイルスの影響により開催されない状況において、「女子プロ野球で何か高校三年生にとって思い出に残る試合ができれば」という想いで、細心の感染予防対策を図り、6校と試合を開催しました。

 

これが実現したのも、角谷建耀知氏(前・日本女子プロ野球機構名誉理事)が高校女子野球選手たちへのプレゼントとして、プロとの交流試合を提案したことがきっかけです。
女子プロ野球の選手たちがお世話になった高校で希望された高校チームが参加し、プロとのガチンコ勝負が行われました。

神戸弘陵高校 京都外大西高校 福知山成美高校 京都両洋高校 神村 駒苫

トップに戻る

ページトップへ