ジャパンカップ2013

JapanCup 2013

トーナメント

             

開始 試合名 対戦カード 試合球場
11月4日(月)の試合結果
11 4 14:00~ 準決勝 第1試合 埼玉栄高校  0-12   アストライア 静岡草薙球場
16:57~ 準決勝 第2試合 フローラ  3-6   ディオーネ
19:00~ 決勝戦 アストライア  1 – 8  ディオーネ
11月3日(日)の試合結果
11 3 09:00~ 準々決勝 第1試合 埼玉栄高校  6 – 3   ホーネッツ・レディース 静岡草薙球場
11:29~ 準々決勝 第2試合 神村学園高等部  1 – 8  アストライア
13:45~ 準々決勝 第3試合 蒲田女子高校  0 – 8  フローラ
15:44~ 準々決勝 第4試合 ディオーネ 4 – 0   福知山成美高校
11月2日(土)の試合結果
11 2 10:06~ 1回戦 第1試合 平成国際大学 4 – 6  アストライア 静岡草薙球場
12:34~ 1回戦 第2試合 フローラ 7 – 1   アサヒトラスト
15:03~ 1回戦 第3試合 ディオーネ  8 – 1 尚美学園大学

各賞(個人)

第3回女子野球ジャパンカップ開催概要

大会概要・日程

開催日時: 2013年11月2日(土)、3日(日)、4日(月・祝) ※雨天予備日:2013年11月5日(火)
開催球場: 静岡草薙球場(静岡県草薙総合運動場野球場)MAP

大会規定

2013年度公認野球規則に準じ、次に定める大会特別規定を適用する。

試合について

・試合は、7回制もしくは時間制とする。
※決勝戦を除く全ての試合は、試合開始より1時間45分を経過して新しい回には入らない。(但し、グランド整備の時間は含む)
※7回裏終了もしくは、試合開始から1時間45分を越えて成立した回終了時点で同点の場合は、抽選となる。
※決勝戦のみ、完全7回制(1時間45分ルールは適用しない)
延長戦は、無制限で決着するまで実施。
※試合は、5回裏終了もしくは、試合開始から1時間45分経過時点で成立する。
(雨天などで試合続行が不可能な場合)

コールドゲーム

・4回終了時点で10点差以上、6回終了時点で7点以上の得点差がある場合は、コールドゲームとする。
※ただし、決勝戦には得点差コールドは適用しない。

ベンチ入り・出場資格

・選手11人以上18人以下
・役員5人以下(選手・監督・コーチは統一されたユニフォームを着用)

試合球

・日本女子プロ野球リーグ公式球(硬式)を大会公認球とする。

バット

・金属製バットに限り、製品安全協会のSGマークが付けられているものとする。

アピール

・アピールは、当該選手及び監督のみ行うことができる
なお、選手交代や試合中のタイムも同様とする。

その他

・ベンチは、トーナメント表の左側のチームが1塁側ベンチ、もう一方が3塁側ベンチを使用する。
・DH制(指名打者制)を採用する(但し選択は自由とする)。
・監督、コーチおよび監督の指示でのグランド内への進入は、攻撃・守備ともにイニングにつき1回、30秒以内とする。
・投手交代時、および攻守交代時の投球練習は3球とする。
・試合開始前のシートノックは7分間とし、後攻チームが先に行う。
(但し、グランド状況等によりシートノックを実施しない場合もある)
・メンバー表の交換は、試合開始予定の2時間前に本部(放送室)に提出。各日第1試合目は、1時間前とする。
・先攻/後攻の決定は、メンバー表交換時に決定する。
・雨天時の場合でも球場が試合続行可能な場合は、試合を実施する。
・女子野球の価値を高め、魅力を伝える者同士、攻守切り替えなどグランド内外問わず、キビキビとした動きですべての行動を迅速に行う。
・審判は、4審制とする。(審判は、日本女子プロ野球リーグ登録審判)
・本大会出場チームでの選手の複数チームにわたる重複登録は認めない。ただし、役員はその限りではない。

出場チームおよび選考大会

  • 日本女子プロ野球リーグ

    出場チーム

    • アストライア
    • フローラ
    • ディオーネ
  • 高校

    出場チーム

    • 埼玉栄高校(3大会連続3回目)
    • 蒲田女子高校(2大会連続2回目)
    • 福知山成美高校(3大会連続3回目)
    • 神村学園高等部(3大会連続3回目)

    選考大会

    第17回全国高等学校女子硬式野球選手権大会

  • 大学

    出場チーム

    • 平成国際大学(3大会連続3回目)
    • 尚美学園大学(2大会連続2回目)

    選考大会

    第3回全国大学女子硬式野球選手権大会

  • クラブチーム

    出場チーム

    • アサヒトラスト(1大会ぶり2回目)
    • ホーネッツ・レディース(初出場)

    選考大会

    市原市長杯 第8回全日本女子硬式クラブ野球選手権大会

プロ注目選手

高校生(は第3回女子野球ジャパンカップ出場選手はプロ入り決定選手)

名前 中田 友実 中田 友実
学校名 埼玉栄高校
学年 3年
守備 二塁手
投打 右・左
特徴 小柄ながら、バットコントロールが良く、鋭い打球を飛ばす。守備では、打球への反応が速く、守備範囲も広く、どこでも守れる能力があるマルチプレーヤー。
名前 武澤 志帆 武澤 志帆
学校名 村田女子高校
学年 3年
守備 投手
投打 右・右
特徴 コントロールが武器。下半身を鍛えれば、腕が振れるようになり、より力のある投球が期待できる。
名前 花ヶ崎 衣利 花ヶ崎 衣利
学校名 蒲田女子高校
学年 3年
守備 投手
投打 右・右
特徴 ストレートの球威・キレが抜群。変化球でもストライクが取れ、試合を作ることができる。日本代表候補の経験あり。
名前 岡本 菫 岡本 菫
学校名 福知山成美高校
学年 3年
守備 三塁手
投打 右・右
特徴 打撃・守備共に安定感が抜群。特に打撃では、ストレート・変化球の両方に対応できる能力が高い。
名前 船越 千紘 船越 千紘
学校名 花咲徳栄高校
学年 2年
守備 捕手
投打 右・右
特徴 強肩が魅力。捕球から送球までのスピードも速く、コントロールも良い。荒さも残るがあるがこれからが楽しみ。
名前 泉 由希菜 泉 由希菜
学校名 蒲田女子高校
学年 2年
守備 捕手
投打 右・右
特徴 強肩強打の好捕手。キャッチングも良く、投手の能力を上手く引き出すリードも魅力。これからが楽しみ。
名前 古谷 恵菜 古谷 恵菜
学校名 福知山成美高校
学年 2年
守備 投手
投打 右・右
特徴 長身から繰り出すストレートは、スピード・キレともに女子野球選手トップレベル。変化球の制球やコントロールに不安は残るが、将来が楽しみな選手。
名前 吉田 奈津 吉田 奈津
学校名 京都両洋高校
学年 2年
守備 遊撃手
投打 右・右
特徴 チームの1番打者として出塁率も高く足も速い。守備範囲も広く、俊敏なフットワークも魅力的。
名前 大橋 未来 大橋 未来
学校名 京都外大西高校
学年 1年
守備 二塁手
投打 右・左
特徴 走攻守三拍子揃ったプレーヤー。パンチ力があり、長打力が魅力。守備では打球への判断も良く、守備範囲が広い。

大学生(は第3回女子野球ジャパンカップ出場選手 はプロ入り決定選手)

名前 磯崎 由加里 磯崎 由加里
学校名 尚美学園大学
学年 4年
守備 投手
投打 右・右
特徴 ストレート・変化球ともに制球がよく、スローカーブを有効的に使い、打者に狙い球を絞らせない。投球の組み立ても抜群によく、四死球も少なくテンポも良いため、守備も守りやすい
名前 大山 唯 大山 唯
学校名 尚美学園大学
学年 4年
守備 一塁手
投打 右・左
特徴 尚美学園大学の4番。昨夏のワールドカップにも出場した経験がある。パワフルな打撃が武器で、打球が鋭く、遠くに飛ばす能力もプロの世界でもトップレベルの力がある。肩が強く、守備も安定している。
名前 新宮 有依 新宮 有依
学校名 平成国際大学
学年 4年
守備 投手
投打 右・左
特徴 平成国際大学の絶対的エース。日本代表としてワールドカップを2度経験し、昨夏の3連覇にも大きく貢献。ストレートのスピード、キレもよく、4番を任される打撃もセンスがあり、投手以外でも活躍が期待できる。
名前 秋山 かおり 秋山 かおり
学校名 大阪体育大学
学年 4年
守備 捕手
投打 右・右
特徴 主将としてチームを牽引し、キャッチャーで4番を任されている。神村学園出身で、肩が強く、二塁への送球は女子野球界トップレベル。打撃も、コンパクトなスイングから力強い打球を打つことができる。
名前 出口 彩香 出口 彩香
学校名 尚美学園大学
学年 3年
守備 遊撃手
投打 右・右
特徴 尚美学園大学の1番打者。シャープなスイングでヒットを量産し、塁に出ると相手をかき回す嫌な存在。機敏な動きで守備範囲も広く肩も強い。まだまだ成長途中の選手でこれからが楽しみ。
名前 寺部 歩美 寺部 歩美
学校名 尚美学園大学
学年 3年
守備 外野手
投打 右・右
特徴 花咲徳栄高校時はエースで4番。身体能力が高く、ボールを遠くに飛ばすこともできる。チームでもトップレベルの足の速さも魅力である。投手としても無限の可能性を秘めている。

クラブチーム(は第3回女子野球ジャパンカップ出場選手 はプロ入り決定選手)

名前 六角 彩子 六角 彩子
チーム チーム侍
年齢 21歳
守備 三塁手
投打 右・右
特徴 昨夏のワールドカップでは全試合に出場し、走・攻・守において活躍した。天性のバットコントロールと堅実な守備はプロに入っても十分通用する。
名前 黒崎 夏奈 黒崎 夏奈
チーム チーム侍
年齢 22歳
守備 投手
投打 右・右
特徴 埼玉栄高校時代には、磯崎・六角・新宮と共にプレー。170cmを超える長身から繰り出す角度のあるストレートには定評がある。コントロールには不安があるが、
潜在能力が高く大きく飛躍する可能性が高い。野手もできる
名前 田口 紗帆 田口 紗帆
チーム 新波
年齢 21歳
守備 二塁手
投打 右・右
特徴 駒沢学園女子出身。現在は、新波のセカンドで4番。昨年のクラブ選手権でチームを優勝に導くなど、主軸として活躍。ミートがうまく、センターを中心に鋭い打球を放ち、安定した打撃が魅力。守備範囲も広く、肩も強い。
名前 吉川 可南子 吉川 可南子
チーム ホーネッツ・レディース
年齢 18歳
守備 投手
投打 右・左
特徴 ホーネッツ・レディースのエース。伸びのあるストレートを軸に強気の投球が魅力。打者の胸元に投げるストレートは力もあり、変化球との組み立てもうまい。

過去大会はこちら

ページトップへ