ニュース

News

ディオーネ

【愛知ディオーネ】宮原臣佳 選手 現役引退のお知らせ

2018年10月23日
 
いつも愛知ディオーネに温かいご声援をいただき、ありがとうございます。
 
愛知ディオーネの宮原臣佳選手(28)が、今季をもちまして現役引退することとなりましたので、お知らせいたします。
 
 

 

宮原 臣佳 背番号13 
今年プロ8年目のシーズンを迎えた経験豊富な右腕。
タイトルを獲得したことのある実力派投手でもありながら、
パンチ力のある打撃も魅力。
【出身】奈良県【ポジション】投手【投打】右・右【生年月日】1990年5月7日
【球歴】神村学園高等部(女子硬式)-ドリームス(’11’12) –ディオーネ(’13’16)-アストライア(’16’17)-ディオーネ(’17)
 
<通算成績>
投手成績:【試合数】141 【防御率】2.63 【勝数】37 【投球回】577 【奪三振】266 
打者成績:【試合数】201 【打率】.232 【安打】59 【本塁打】1 【打点】32 【盗塁】5
 
【タイトル】最優秀防御率(’15) 最多投球回(’13) ゴールデングラブ賞(投手)(’16)
 
 

《本人コメント》
 
女子プロ野球ファンの皆様、そして、関係者の皆様へ。
 
改めまして、
愛知ディオーネ背番号13番、投手兼ダンサーの宮原臣佳です。
 
この度、2018シーズンをもちまして引退する事にしました。
振り返れば、小学一年生から野球をはじめ、ここまで続けてこられたこと…
また、恵まれた環境で野球が出来たことに本当、感謝しております。
 
プロ野球選手として8年間過ごすことができたのは、支えてくださったファンの皆様やチームメイト、スタッフの支えがあったからです。
私はプロに入ってから野球がまた好きになり、そして、成長する伸び代の楽しさと言うものを知りました!!!
思い返せば本当にいろんなことがあり、迷惑をかけたことの方が多かったと思いますが、そんな私を見捨てずに支えてくれた仲間や関係者の皆様がいたから今の私が居るんだと思います。
 
今シーズンは出場機会も減り、中々思うような日々を過ごすことができませんでしたが、7年間いて成し遂げることができなかった年間女王の座を、8年目の今シーズンに勝ち取ることができ、本当に幸せな気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。
 
今シーズンをもって引退となりますが、最後の日本一を決める、ジャパンカップが有りますので、最後の最後に嬉しい涙を沢山流して、引退したいと思っているので、引き続き熱いご声援、宜しくお願い致します。
 
最後に。
これからは別の道に行きますが、陰ながら応援させて頂きます。
今後とも女子野球、女子プロ野球のご声援、宜しくお願い致します。
 
本当に8年間、支えてくださり、ありがとうございました。
 
愛知ディオーネ #13
宮原臣佳

ページトップへ