ニュースNews

リーグ情報

【3月31日】第2試合一面記事

2019年04月01日


埼玉アストライア開幕初勝利!

わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ 埼玉アストライア対愛知ディオーネは4-2で埼玉アストライアが逆転勝ちを収めた。
開幕5連敗としていた埼玉アストライアアストライアは、2点を追う4回裏、2死から7番田口真奈のライト前ヒットを皮切りに満塁のチャンスを作ると、1番中田がセンター前にはじき返し、走者2人がホームに還り同点。続くバッターは今シーズン初めて2番で起用された田口紗帆。昨年チーム内の首位打者となった頼れるベテランがセンター前に勝ち越しタイムリーを放つと、打者走者田口紗帆が1,2塁間に挟まれている間の隙をついて2塁ランナー中田がホームへ突入。間一髪セーフとなり4-2と逆転に成功した。
援護をもらった先発・水流が4回以降ランナーを許さない完璧な内容で6回を2失点にまとめる好投を見せると7回は2番手・海老がマウンドへ。
愛知ディオーネ打線の反撃を無失点で退け、埼玉アストライアが開幕初白星を手にした。

先発・水流はプロ初勝利、海老はトップチーム昇格後初セーブで、大山唯新監督の初勝利に花を添えた。

水流は
「今回は、リベンジしたかったので、先ずは自分のピッチングをすることだけを考えて投げました。
今日初勝利ができたことはすごく嬉しいです。
ベンチもいい雰囲気でした。
本当に野手の皆さんに助けられました。チャンスで打ってくれたりと今日の一勝はチーム全員で掴み取った一勝だと思います。」
と笑顔でコメントした。

大山唯監督コメントはこちら▼



一方の愛知ディオーネは5安打と、中盤以降埼玉アストライア投手陣を打ち崩すことができなかった。
しかし、久保夏葵の初登板や一尾星吏夏の初スタメンなど、ディオーネの新たな戦力を見ることができた。
次戦以降の戦い方にも注目したい。

試合の詳細はこちら

 

ページトップへ