ニュースNews

リーグ情報

【4月5日】一面記事

2019年04月06日


フローラの連勝ストップなるも・・・

わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ対埼玉アストライアは9-8で埼玉アストライアが勝利した。

1回裏埼玉アストライアは、1番中田、2番田口紗帆の連続ヒットで1,2塁とすると3番加藤がきっちりと送りバントを決めて1死2,3塁。
ここでこの日4番に起用された泉由希菜がセンター前に落ちるタイムリーヒットを放ち先制に成功。さらにこの回1点を加え幸先良いスタートを切る。

2回にも1点を加えた埼玉アストライアは、3回1死から3番加藤が右中間を破るツーベースヒットで出塁すると4番泉由希菜も四球を選びチャンス拡大。
ここで今シーズンここまで苦しんでいた5番みなみがライト前にタイムリーヒットを放ち1点を追加。すると、この一打に打線が刺激されたのか、この回ヒット7本、タイムリー4本、打者11人の猛攻を見せ8-0と京都フローラを圧倒。
先発・古谷恵菜は強力フローラ打線に決定打を許さず、6回を投げ奪三振5、被安打4に抑え無失点というほぼ完璧な内容でマウンドを降りる。
9-0とし、アストライアの勝利は確実か―と思われた7回、ついに京都フローラ打線が目覚める。

埼玉アストライアのマウンドには泉由有樹。女子プロ野球史上初の「姉妹バッテリー」と対峙した京都フローラは先頭の5番中村がツーベースヒットを放ち出塁。


▲姉の泉由有樹

無死1,3塁としたところで代打戎嶋にタイムリーヒットが飛び出し1点を還すと、更に1点を加え9-2とした2死3塁から1番三浦伊織の放った打球が埼玉アストライア守備陣のミスを誘い3点目。さらにこの後、3番村松、4番岩谷、5番中村に3連続タイムリーが飛び出し7点を奪い一挙に2点差に。

ここでアストライア・大山監督は泉由有樹から3番手・山口にスイッチ。しかし6番三原にもタイムリーヒットを浴びついに1点差に。
なおも2死2塁と一打同点、あるいはホームランで逆転というピンチを背負うが、最後の打者を何とかレフトフライに抑え試合終了。

埼玉アストライアは今季2勝目。古谷はうれしい移籍後初勝利。試合を締めた山口はプロ入り初セーブを挙げた。
一方敗れた京都フローラは終盤驚異的な追い上げを見せるも序盤の大量失点が響き今季初の黒星。開幕からの無敗記録が8で止まった。


▲プロ入り初セーブをあげ、笑顔の山口千沙季

試合後の大山唯監督は、

「最後の失点は私の采配ミスでした。
攻撃はチームのバッティングが出来ていました。今日はファーストストライクから振っていこうと試合前から伝えていましたが、それがしっかりできていたからだと思います。打線は誰が出ても良い状態になっているなと感じます。

みなみ選手にヒットが出たのはチームにとっても本人にとっても1番の収穫。次につながると思います。」
この勢いで連勝なるか?次戦の戦い方に注目したい。


試合の詳細はこちら

ページトップへ