ニュースNews

リーグ情報

【4月9日】一面記事

2019年04月12日


接戦制し、京都フローラ勝利

わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ対愛知ディオーネは2-1で京都フローラが勝利した。
先発マウンドに上がったのはここまで3勝をあげている京都フローラ・龍田美咲と、2試合連続完投中の愛知ディオーネ・里綾実。
試合の均衡が崩れたのは3回表。フローラ打線は制球を乱した里を攻め、1死満塁のチャンスを作ると2番厚ヶ瀬が押し出しフォアボールを選び1点を先制。
両投手の好投が続き1-0で迎えた6回裏、愛知ディオーネは1死から1番西山のツーベースヒットなどで2死3塁のチャンスをつくると、3番星川がライト前にタイムリーヒットを放ち試合を振り出しに戻す。
7回表、連敗は避けたい京都フローラは2死1,3塁から5番中村がライト前へタイムリーヒットを放ち勝ち越しに成功し、再び勝ち越しに成功する。
最終回のマウンドに上がったのは京都フローラ不動の守護神・森。
森はランナーこそ出しながらも自己最速タイとなる128キロを計測するなど、ディオーネ打線の反撃を0点で退け試合終了。
龍田は無傷の4勝目。森は5セーブ目を挙げた。

▼龍田美咲、森若菜選手のコメントはこちら



川口知哉監督は
「今日の一番の勝因は、相手のタイミングを崩すような配球が出来たこと。
ただ、何回かチャンスがある中で得点出来なかった場面があったのは課題だった。今日のような投手戦を勝てたことはチームにとって大きい。」
とコメント。

一方の愛知ディオーネは、先発里が3試合連続の完投をしたものの、打線が援護できず悔しい敗戦となった。
試合後、里は、
「またしても勝てず…
悔しい思いでいっぱいです。
小さなミスでもタイミングによって勝敗に大きく関わる。
このことを接戦で本当に感じましたし、接戦が多い中で勝ちきるためには細かなところを突き詰めて隙を作らないようにしなければいけないのでまたしっかり反省を次に活かせるように頑張ります。今のチーム状況だから尚更自分たちのミスで自分たちの首を締めたらいけない!と苦しい戦いが続きますが、この流れを超えれたら絶対にもう一つ上のレベルに行けると思います。」
次戦はレベルアップし、京都フローラに立ち向かえるのか?愛知ディオーネの逆襲に期待したい。


試合の詳細はこちら

ページトップへ