ニュースNews

リーグ情報

【4月11日】一面記事

2019年04月12日


わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ対埼玉アストライアは6-4で京都フローラが勝利した。
先制したのは埼玉アストライア。
2回表、先頭の5番みなみがプロ通算100本目の安打となるショート内野安打をきっかけに1死2、3塁のチャンスをつくる。

▼通算100安打を達成したみなみ

これに8番山崎がレフト前タイムリーヒットで応え、先制に成功する。
さらに3回、2番田口紗帆がフローラ先発・今井巴菜の3球目をすくいあげると打球はレフトラッキーゾーンへ。第2号ソロとなり1点を追加する。

▼田口紗帆選手今シーズン第2号ホームラン

4回には中田、加藤にタイムリーヒットが生まれ4回終了時点で4-0とアストライアが試合の主導権を握る。
しかし5回表、4回途中から2番手として登板していたフローラ・小西美加が5番みなみから始まるアストライア打線をわずか9球で三者凡退に切ってとると、試合の流れが京都フローラへ。

5回裏、9番佐々木、1番三浦伊織の連打で無死1、2塁のチャンスをつくると、2番厚ヶ瀬、3番村松が連続タイムリーで続き、1点差に。
ここでアストライア・大山監督は先発古谷に変えてアンダースロー右腕山口をマウンドへ送るが、1死こそ取るものの6番三原に痛恨の同点打を浴び試合は振り出しへ。
6回裏、マウンドにはアストライア3番手の海老。京都フローラの先頭1番三浦伊織はサードゴロに打ち取られるが、ここでフローラ川口監督がリクエストを要求。
リクエストの結果、埼玉アストライアの一塁手田口紗帆の捕球エラーが認められランナー1塁とすると、2番厚ヶ瀬がヒットで続きチャンスを作る。
ここで3番村松が左中間を深々と破る2点タイムリーツーベースヒットを放ち、この試合はじめてフローラがリードを奪う。

7回表は京都フローラのマウンドには絶対的守護神となりつつある森若菜がマウンドへ。
埼玉アストライア打線を3人で退け試合終了。フローラが鮮やかに逆転勝利を収めた。

一方のアストライアは継投ミスが響き、序盤のリードを活かせなかった。

試合の詳細はこちら

ページトップへ