ニュースNews

リーグ情報

【4月13日第1試合】一面記事

2019年04月14日



今シーズン初の完封勝利

伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは3-0で京都フローラが勝利した。
先発マウンドに上がったのは、ここまで先発した全試合で完投している京都フローラ・小西美加と、勝ち星こそないものの防御率0点台と安定感が光る愛知ディオーネ・堀田ありさ。

序盤は両投手が要所を締めるピッチングで決定打を許さず、0-0のまま中盤へ。
試合の均衡が破れたのは4回表。京都フローラは無死1塁の場面で6番三原が右中間へタイムリーツーベースヒットを放ち先制に成功。
この後、2死2,3塁と再びチャンスを作ると1番三浦伊織がレフト前に2点タイムリーヒットを放ちこの回3点を挙げる。
援護をもらった小西はバックの守備に助けられながらもテンポの良いピッチングで打者を打ち取り、今シーズン初の完封勝利をかけて7回のマウンドへ。
1死から愛知ディオーネ・佐藤にツーベースヒットを打たれるなど2死3塁のピンチを背負うが、最後のバッターを見逃し三振に仕留め試合終了。
小西自身2017年以来2年ぶり、通算13回目となる完封勝利は今シーズンリーグ1番乗りのオマケ付き。
投手陣を休ませる大きな一勝となった。

試合後、小西は、
「村松捕手のキャッチングがいかに魅力あるものなのかってことを改めて証明できた」
と女房役の村松に感謝を表した。

一方の愛知ディオーネは最後まで小西を打ち崩すことができず、今シーズン初の完封負けとなった。
碇監督は
「チームとして徹底すべき点を全員で試みて先発投手を攻めていましたが、最後の1本がなかなか出ず、先に点を取られる展開になってしまった」とのべた。

▼活躍した小西美加と三原遥



試合の詳細はこちら

ページトップへ