ニュースNews

リーグ情報

【4月14日】一面記事

2019年04月15日


波乱の7回

伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ埼玉アストライア対京都フローラは5-5で規定により引き分けとなった。
京都フローラ・植村美奈子、埼玉アストライア・水流麻夏のサウスポー対決となったこの試合、先手を取ったのは埼玉アストライア。
初回先頭の中田が11試合連続安打となるセンター前ヒットで出塁すると、1死1,3塁から4番今井志穂のタイムリーヒットで1点を先制。

しかし京都フローラは2回、2死から8番田中、9番佐々木の連打でチャンスを作ると1番三浦伊織がセンターの頭上を越える2点タイムリーツーベースヒットを放ち逆転に成功する。3回にも1点を追加し、3-1とフローラが序盤から2点をリードする。
その後は植村、水流が好投を見せ、両者一歩も譲らない。
6回、京都フローラは先発・植村に代え守護神森若菜を投入。しかし制球を乱した森は2つのフォアボールを与えピンチを招く。ここで埼玉アストライア・大山監督は9番田口真奈の打席で送りバントのサインを出すも、打球はピッチャー前へ。森の好判断で3塁封殺、送りバントは失敗に終わる。さらに後続も倒れ、ホームが遠いアストライア。

このまま森が試合を締めるかと思われた7回、アストライア打線が再び森からチャンスをつくる。4番今井志穂のヒットなどで1死満塁のチャンスをつくると、6番泉由希菜が放った打球は左中間を深々と破る2点タイムリーツーベースヒットとなり同点。

泉由希菜は、
「4打席目、チームのみんながチャンスで繋いでくれた。自分が決める!そう思って打席に入りました」とコメント。

▼同点タイムリーを放つ泉由希菜


さらに2死2,3塁から8番山崎まりがセンターの頭上を越える勝ち越しの2点タイムリー2ベースヒットを放ち、ついに難攻不落の守護神森を打ち崩すことに成功する。

▼山崎まりの勝ち越しとなるタイムリー


その裏のマウンドには先発の水流。フォアボールでランナーを出したものの、2死までこぎつけ、プロ初完投勝利まであと1人となったところで波乱が待っていた。

5番中村が放った打球はセンター・中田の頭上を大きく越える同点タイムリースリーベースヒットに。さらにアストライアの中継プレーが乱れ、サードへの送球が大きく逸れる間に中村も一気にホームに還り土壇場で同点に追いつく。

さらに三原がヒットで出塁し、サヨナランナーとなるものの、ここは水流が踏ん張り試合終了。規定により引き分けとなった。

京都フローラは守護神・森が4失点と崩れたものの脅威の粘りで価値ある引き分け。
一方の埼玉アストライアは水流がプロ初完投を記録するも、勝負どころで攻守にミスが目立ち悔しさの残る結果となった。

試合後水流は、
「私自身、打たれる時は2ストライクと追い込んでいる時が多いです。
ボール球を投げきれない、ここが私の弱さだと思います。
ストライクを投げれるのがコントロールの良いピッチャーとは言いません。ボールを投げれる制球力、高低・内外投げ分けれるのがコントロールの良いピッチャーです。
私はそんな投手になれるように成長していきます。」とコメントした。

次戦は16日(火)。どちらのチームに軍配があがるのか、見逃せない一戦だ。

詳しい試合結果はこちら

ページトップへ