ニュースNews

リーグ情報

【4月30日第1試合】一面記事

2019年05月01日



埼玉アストライア2連勝、タフネス右腕の活躍光る
伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ埼玉アストライア対愛知ディオーネは2-1で埼玉アストライアが勝利した。

先発マウンドに上がったのは愛知ディオーネ・里と埼玉アストライア・谷山の両エース。
今シーズン先発した試合は全試合完投している愛知ディオーネ・里はランナーを出しながらも要所を締めアストライア打線に決定打を許さない。

一方、開幕戦以来の先発マウンドとなった谷山も5回まで3塁を踏ませないピッチングでスコアボードに0を並べる。
谷山は、「いい緊張感を持って集中して投げれたと思います。
ストライク先行でテンポ良くいけましたが、逆球も目立ったので次に向けて修正していきたいです。」
とこの回のピッチングを振り返る。

試合の均衡が破れたのは5回裏。埼玉アストライアは2死1,2塁からダブルスチールを決め、2,3塁とチャンスを拡げると3番加藤が里の外角の球を強振。
打球はレフト線へのタイムリーツーベースヒットとなり、2点を先制。

なおも2死2塁とチャンスが続くが、ここは里が踏ん張り追加点を与えない。


2-0で迎えた7回表、負けられない愛知ディオーネは3番星川、4番三浦由美子の連打などで1死2,3塁とすると6番金城がレフトへ犠牲フライを放ち1点差に詰め寄る。

一打同点という場面だったが、埼玉アストライア・谷山が最後の打者を見逃し三振に仕留め、試合終了。

埼玉アストライア・谷山は最終回に1点こそ失ったものの、7回を投げ切り今シーズン初の完投勝利。埼玉アストライアは今シーズン初の連勝となった。
谷山は、
「2点取ってくれていたので同じように1つずつアウトをとっていこうと落ち着いて投げれたかと思います。1点差に追いつかれた時も絶対守り抜こうと集中できていました。」


加藤は、
「平成最後の日にプロ入りしてから2回目のヒロインになることができました。しかも1回目も谷山選手と共にお立ち台に立たせていただき、ご縁を感じた1日になりました!復帰後の完投勝利、最高にカッコよかったし、最高に嬉しかったです!」と谷山の活躍をたたえた。

対する谷山は
「絶対に打ってくれると思ったのですごく心強い2点でした。
加藤選手の普段のコンディショニングや練習の意識の高さがそのまま結果に繋がったと思います。チームみんなで繋いで奪ってくれた2点を絶対に守り抜こうと思えました。」とコメント。

さらに、
開幕以来怪我で離脱してしまって、チームの苦しい時に何も出来ずにたくさん迷惑かけてきてしまっていたので、なんとか貢献したいという思いで一球一球気持ちを込めてアウトを積み重ねていけました。
自分の打たせてとるピッチングが出来たのも今井選手や守ってくれたチームのみんなのおかげなので感謝しています。
また次の試合が初先発の甲斐田選手だったので少しでも楽に投げさせてあげられたらと思っていたので結果的に最後まで投げ切れてよかったかなと思います。
」と自身のピッチングを振り返った。

一方の愛知ディオーネはエース里で痛い敗戦。平成最後の試合を白星で飾ることはできなかった。

試合の詳細はこちら


ページトップへ