ニュース

News

リーグ情報

【5月4日第1試合】一面記事

2019年05月05日


2試合連続完投勝利、圧巻のピッチングを見せた

伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ対埼玉アストライアは2-1で埼玉アストライアが勝利した。

先発マウンドに上がったのは好投を続けるものの今シーズン未勝利の愛知ディオーネ・笹沼菜奈と
前回登板で完投勝利を記録した埼玉アストライア・古谷恵菜。

試合前、笹沼は、
金城選手が初めてのキャッチャーだったので、とにかく楽しくプレーさせてあげたい。
なので、私はどんなピンチが来ても、暗い雰囲気にさせたくない。
明日もダブルヘッダー。ピッチャーを簡単に使えないという状況なので、
なるべく最小失点で1人が長いイニングを投げられるようにしたい」と話す。

対する古谷は、
アストライアにとって2位争いの大事な試合なので何としてでも勝つ」と意気込んだ。

前日2位に浮上したアストライアは初回、2番田口紗帆のヒットなどで2死2,3塁のチャンスをつくると、
5番みなみが放った打球はライトへ。
逆方向へ強い打球が増えてきたみなみの2点タイムリーヒットで先制に成功する


追うディオーネは2回裏、2死1,2塁から8番一尾が三遊間を破るタイムリーヒットを放ち1点差に迫る。
なおも1,3塁とチャンスをつくるが、古谷が踏ん張り同点にはならず。

序盤から点の取り合いになるかと思われたゲームだったが、中盤以降は両投手の意地がぶつかり合う。
これ以上の失点は許されない愛知ディオーネ・笹沼はキレのある直球と変化球を武器に、
リーグトップの7本塁打を記録しているアストライア打線に真っ向勝負。


▲笹沼のピッチング

味方の好守にも助けられながら追加点を許さない。

▲6回の佐藤千尋の好守備

笹沼は、
先頭バッターから、この回はストライクゾーンに来た球をどんどん振ってこようとしているなと思っていたのですが、
全て外野に飛んでしまいました。6回の守備に着く時に里選手から
『この回踏ん張ったら、次点取ってくれるから頑張れ』と言われたので何としても0で抑えたかったので、
抑えてくれてとても嬉しかったです。」とこの回を振り返る。


対する古谷は3回以降毎回ランナーを背負う展開ながらも要所で踏ん張り、両投手リリーフの助けを借りないまま試合は最終回へ。
7回表、笹沼は簡単に2アウトを取ると最後のバッターから渾身の空振り三振を奪い、味方の反撃を待つ。

7回裏、自身初の3試合連続完投、2試合連続完投勝利を目指す古谷は1死からヒットを許し同点のランナーを背負う。
ディオーネベンチでは笹沼が同点、そして逆転を祈り、次のランナーが出た時のために「サヨナランナー」用のゴールドヘルメットが用意された。
外野の間を抜ければ同点、一発出ればサヨナラという場面だったが、最後まで古谷は集中力を切らすことなく、
ショートゴロダブルプレーに打ち取り試合終了。埼玉アストライアが初回の2点を守り切り勝利を飾った。

愛知ディオーネはアストライアを上回る6安打を放ったものの、最後まで古谷をとらえきれず、7回2失点の笹沼を援護することができなかった。

古谷は今季自己最多の120球を投げ、7回を1失点にまとめ自身初の3試合連続完投、2試合連続完投勝利を達成。
チームトップの3勝目をあげるとともに、奪三振ランキングでリーグトップに立った。
入団以来「次代のエース」と言われていた姿はもうない。古谷が確実にエースへの道を歩み始めている。

▲古谷のピッチング

古谷は、
昨年までは完投試合がなかったので最高な形でチームに貢献出来て嬉しいです。
久々のロースコアだったので毎イニング緊張はしていましたが、周りが声をかけてくれていたので
自信持って投げる事が出来ました。
ランナーが出てからボール球が多かったり、追い込んでから甘い球を捉えられてしまっていたので、
まずは先頭打者を打ち取ることと、追い込んでからコースになげこめるように修正していきたいと思います。」と
喜びとともに次回への登板意欲も見せた。

対する笹沼は、
初回にバタバタして2点取られてしまい結果的にはそれが決定的になってしまいました。
今日はコントロールがバラついていたり、左ピッチャーの武器である右バッターへの
インコースが決められなかったのでその部分を修正したいです。
見ている人、チームが安心できるピッチングをし、初回からしっかりディオーネの
ペースに持っていけるようなピッチングをしたいです。」とコメント。
次戦こそ勝利を手にしたい。


試合の詳細はこちら

ページトップへ