ニュース

News

リーグ情報

【5月4日第2試合】一面記事

2019年05月05日


勢い止まらない京都フローラ15安打の猛攻

伏見桃山球場で行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは8-1で京都フローラが勝利した。
昨日、春季リーグ優勝が決まったにも関わらず、観客席は立見が出るほど超満員の大歓声に終始あふれていた。

春季リーグ優勝を決めたフローラはプロ初勝利を目指す今井巴菜、2位浮上のきっかけをつかみたい愛知ディオーネは松谷比菜乃が先発。
試合は序盤からフローラペースで進む。

初回、先頭の三浦伊織がヒットで出塁するとすかさず盗塁。そのあと1死3塁とし、3番村松の犠牲フライで先制に成功。
その裏同点に追いつかれると2回表、ヒットで出塁したシェー・ユー・インを3塁に置き1番三浦伊織がライトの頭上を越すタイムリーツーベースを放ち勝ち越しに成功。さらにこの回1点を追加し、3-1とする。
3回にも2点を追加したフローラは6回、3連打で無死満塁とすると、7番中嶋のタイムリーヒットでさらに1点を追加。
さらに「何も考えず、チームに貢献したい」という気持ちが強かったと話す8番シェー・ユー・インが、
この日4安打目となるレフト前2点タイムリーヒットを放ちダメを押した。


終わってみればフローラはディオーネ投手陣から毎回安打を記録し、今季最多の15安打と野手陣が大暴れ。

先発した今井巴菜は序盤こそ制球に苦しみながらも4回を無失点に抑えると、後を受けた大串‐三輪は無安打に抑える完ぺきなリリーフを見せ完勝。
今井巴菜は今シーズン6試合目の登板にしてうれしいプロ初勝利を飾った。

試合後、今井巴菜は、
やっと今季初勝利できました!何か吹っ切れた様な感じで投げられてよかったです。
本当にたくさん声をかけてくださるチームメイトに感謝です」と自らの勝利をあどけない笑顔で喜んだ。

▲ヒロインのシェー・ユー・イン(左)と今井巴菜

4安打を記録したシェー・ユー・インは規定打席こそ到達していないものの、試合後に打率.450と急上昇。
「明日も今日と同じ活躍をしたい」と笑顔を見せた。

同じ台湾から来た愛知ディオーネのヂェン・チーは、
同じ台湾選手としてユー選手の活躍は嬉しいです。台湾の誇り!
見た目は子どもっぽく見えるけどグランドでは落ち着いてプレーしている。
ユー選手の活躍を見て私ももっと頑張りたいです。」とチームは違うがシェー・ユー・インの活躍を喜んだ。

最後にシェー・ユー・インは、
今スタメンになる日はまだ多くないけれど、私は毎回毎回の機会を逃さないようにしています。
ここで野球の技術をたくさん学んでいるからこそ、台湾のファンにも日本に私達の試合を観に来てほしいです。
日本の女子野球の凄さを見せたいです。
台湾の女子野球もまだまだ強くなっていくから、ぜひ日本に来て、日本の女子プロ野球選手と交流できたらと思います。」とコメントした。

春季リーグ優勝を決めたフローラ。改めてその選手層の厚さを見せつけるとともに、この日詰めかけたファンへ今後の期待を抱かせる試合を見せた。

敗れた愛知ディオーネは痛恨の4連敗。2位が遠のく結果となった。



試合の詳細はこちら

ページトップへ