ニュースNews

リーグ情報

【5月8日】一面記事

2019年05月09日



プロ初完封!
わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ愛知ディオーネ対埼玉アストライアは5-0で愛知ディオーネが勝利した。

先発マウンドに上がったのはこの試合まで防御率トップの堀田ありさと埼玉アストライア・谷山莉奈。
試合前、堀田は「絶対負けられない試合なので絶対勝利を掴みにいく。
今日は自分が投げたいと思っていたので、やってやるぞ!という気持ちです!
昨シーズンの女王決定戦のもう後がない試合の気持ちと一緒の気持ちで挑みます。」と意気込み、
対する谷山は「2位が確定する試合なので自分らしくテンポよく投げこんでいきます」とコメント。

大事な一戦に、両先発の投手戦が4回まで繰り広げられる。

初回、谷山が三者凡退に退けると、堀田も四球でランナーを一人出すものの寺部とのコンビネーションで盗塁を阻止。無失点で切り抜け両者上々のスタート。
2位浮上へ、負けられないディオーネは2回から4回まで毎回安打が出るものの谷山の前にあと一本が出ない。
しかしこの日の堀田は絶好調。2回、3回を三者凡退とすると、4回が終わって許した走者は四球の2人のみと、史上初のノーヒットノーラン達成へ期待が高まる。

さらに2回、
球場全体がどよめく名手岩見のスーパープレーが炸裂。
6番泉由希菜が放った打球を華麗にベアハンドキャッチ。


▲岩見のスーパーBIGプレーはこちら


ディオーネ打線は5回、2死2塁から1番西山がレフトのライン際に落とすタイムリーヒットを放ち先制に成功。
大記録へのお膳立てをする。
大記録まであと8人で迎えた5回1死、アストライア只埜の放った右中間への飛球はライト西山のグラブをかすめるツーベースヒット。Hのランプが点灯し、大記録達成はお預けとなる。


1死2,3塁としたアストライアはここでスクイズを選択しバッテリーの動揺を誘うが失敗。後続も倒れ得点を奪うことができない。
すると6回、ディオーネ打線は1死2,3塁のチャンスをつくり6番金城が左中間を深々と破るツーベースヒットを放ち2点を追加。

▲追加点をあげた金城

7回には相手守備陣のエラーも絡みさらに2点を追加すると、今日の堀田には十分すぎる援護だった。

堀田は6回に2本目の安打を許したものの、7回は三者凡退に仕留めプロ初の完封勝利を達成。
試合後、堀田は
「とりあえず、ホッとしています。全員で勝利を掴みにいって、掴みとれたことが今はとても嬉しいです。
先頭バッターをフォアボールで出してしまい、1アウトランナー2.3塁の場面があったので、
次回は無駄なランナーを出さない事を課題に練習に取り組みます。」と初完封の喜びを語った。


▲ディオーネナインと喜ぶ堀田

愛知ディオーネはチームとしても今シーズン初の完封勝ちで、埼玉アストライアに並んで2位タイとした。


一方の埼玉アストライアは勝負所で攻守にミスが生まれ、最後まで自分たちのリズムで試合をすることができなかった。



試合の詳細はこちら

ページトップへ