ニュースNews

リーグ情報

【5月10日】一面記事

2019年05月11日



春季リーグ締めくくりは史上初のサヨナラ弾!

わかさスタジアム京都で行われた女子プロ野球・春季リーグ京都フローラ対埼玉アストライアは3-1で埼玉アストライアがサヨナラ勝ちを収めた。
春季リーグ最後の試合となるこの一戦は京都フローラ・小西美加、埼玉アストライア・古谷恵菜の両右腕が先発。

古谷は試合前、「良い形で夏季リーグに繋げられるように、目の前の一戦を全員で勝ちにいきたい。
私のピッチングで流れを持って来られるように初回から強気で攻めていきます!」とコメント。
対する小西は、「野球への感謝を、応援してくださる方への感謝を表現したい、その一心です」と語り、マウンドへ立った。

勝つか引き分けで春季リーグ2位が確定するアストライアは3試合連続完投中の古谷が奮闘。


初回、2回と得点圏にランナーを置くものの粘りのピッチングで0点に抑えると、3回から5回まではフローラ打線を無安打に抑える好投を見せる。
一方、今シーズンここまで4勝をあげている小西美加も毎回ランナーを出しながら要所を締めるピッチングでアストライア打線に決定打を許さない。

試合が動いたのは5回裏。
アストライアは1死1,2塁のチャンスをつくると3番加藤がライト前へ運び待望の先制点を奪うことに成功する。


残るイニングはあと2回。春季リーグ2位を古谷のプロ初完封勝利で飾りたいアストライアだったが、6回表、2死ながら1,2塁と得点圏にランナーを背負うと、6番三原がレフト前にタイムリーヒットを放ち試合は振り出しに戻る。

7回裏、アストライアは先頭の1番中田がツーベースヒットで出塁し、「サヨナランナー」が登場すると、その後1死3塁とチャンスを広げる。
1打サヨナラの場面だったが、ここはレジェンド・小西が落ち着いて後続を抑え試合は延長戦へ。

8回表、古谷からバトンを受けた水流が無失点で切り抜けるとドラマはその裏に待っていた。
1死からレフト前ヒットを放った只埜を1塁に置き、打席には山崎まり。
小西美加の投じた117球目を振りぬくと、打球は美しい放物線を描きながらレフトラッキーゾーンへ突き刺さる第2号サヨナラツーランホームラン。


▲女子プロ野球リーグ史上初のサヨナラホームラン

10年目の女子プロ野球、春季リーグ最終戦は女子プロ野球史上初のサヨナラホームランで決着し、埼玉アストライアが春季リーグ2位を確定させた。

試合後山崎は、
最高です!投手も粘って投げてくれたので、何が何でも決めたいと思ってました!
最後の最後まで応援ありがとうございました!
守備面でもまだまだ課題があります。
でもそれはまだまだ成長出来るチャンスとチームとしても強くなる事が出来る意味だと思っているので、守備・攻撃共にここだという勝負どころで最高のプレーが出来るように夏季リーグに向けて取り組んでいきます!
」と喜びを爆発させた。

京都フローラは小西美加が延長を投げ切る力投を見せたが、打線が援護しきれず京都での最終戦を白星で飾ることができなかった。

▲117球の力投を見せた小西

これで春季リーグ全試合が終了。
6月2日から始まる夏季リーグも熱戦に期待したい。


試合の詳細はこちら

ページトップへ