ニュースNews

リーグ情報

【6月2日第2試合】一面記事

2019年06月03日


京都フローラ2連勝!

一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ 愛知ディオーネ対京都フローラは、3-2で京都フローラが勝利した。

地元での夏季リーグ、優勝を狙う愛知ディオーネの先発は防御率リーグトップの堀田ありさ。対するフローラは「レジェンド」小西美加が登板。

両チームともランナーを出すものの、両先発が要所で踏ん張り序盤は得点が入らず、均衡が破れたのは4回裏、フローラの攻撃。
2死から連打で1,2塁とすると、1番三浦伊織がセンター前にタイムリーヒットを放ち先制に成功する。


▲先制タイムリーを放った三浦伊織。地元ファンを沸かせた。

地元ファンの前で白星スタートを狙うディオーネは5回表、2死3塁から8番一尾がしぶとくセンター前に運び、試合を振り出しに戻す。

▲同点タイムリーを放った一尾星吏夏

その後は両右腕の踏ん張り合いが続くが、6回裏、フローラはまたも2死から安打と四球で1,2塁のチャンスをつくると今シーズン本来の打撃を見せられていない厚ヶ瀬がバッターボックスへ。
外角の球を振りぬくと、打球が三遊間を抜ける間に2塁走者が生還し勝ち越しに成功。

この時の心境を厚ヶ瀬はこう語る。
「気がついたら勝ち越しタイムリーを打ててました。球種やコースなどは張らずに自分の悔いのないスイングをしようという思いで打席に立ちました。
体重が減った事もあって、スイングの軌道がだいぶ変わってしまってたので、ベースであるスイングに戻すように試行錯誤の日々でした。
とにかく折れないように頑張りました…笑」

さらに続く村松もセンターへ飛球を放つと、ディオーネ・佐藤のグラブがわずかに届かず。
連続のタイムリーヒットとなり2点のリードをもって最終回へ。

7回表、なんとしても勝利したいディオーネは、フローラ守護神・森を攻める。

1死から金城が四球を選ぶと、7番榊原がセンターの頭上を越えるスリーベースヒットを放ち1点差に迫る。
一打同点という場面でスクイズを敢行するが失敗、後続も打ち取られ試合終了。
愛知ディオーネは地元凱旋となった開幕戦を白星で飾ることができなかった。


▲スタンドが埋め尽くされるほど、たくさんの地元ファンが駆けつけた。

一方の京都フローラはベテラン勢の活躍で接戦を制し2連勝。夏季リーグでも幸先のよいスタートを切った。

試合の詳細はこちら

ページトップへ