ニュースNews

リーグ情報

各リーグ戦 MVP表彰

2019年05月20日


【投手部門】
<最優秀投手賞>
龍田美咲(京都フローラ)
 
 <成績>
8試合 5勝1敗
投球回35回1/3 防御率1.98

<選出理由>
現在リーグ単独トップの5勝をマークし、
防御率でも2位の1.98。
開幕から4連勝でチームを勢いづけた投球はまさにエース級の活躍だった。


<優秀選手賞>
小西美加(京都フローラ)

<成績>
8試合 4勝2敗
投球回43回 防御率2.12

<選出理由>
開幕戦での完投勝利を含む4勝を記録。球界最年長のエースが、チームを牽引する活躍を見せている。

堀田ありさ(愛知ディオーネ)


<成績>
7試合 2勝3敗 投球回32回 防御率1.53

<選出理由>
5月8日のプロ初完封勝利を含む2勝をあげ、防御率はリーグトップとなる1.53。
チームがなかなか勝てない中でも安定感のある投球で自身の役割を果たす。


古谷恵菜(埼玉アストライア)


<成績>
8試合 3勝1敗 投球回47回2/3 防御率2.65

<選出理由>
今年に入りグレードアップしたストレート中心の投球で2試合連続完投勝利を含む3勝をマーク。
埼玉アストライアのエース候補として急成長を見せた。



【打者部門】
<最優秀打者賞>
三浦伊織(京都フローラ)

<成績>
22試合 打率.442(77打数34安打)  
盗塁18 出塁率.511

<選出理由>
打率.442、安打34、盗塁18と3部門でリーグトップの成績。
超攻撃型トップバッターとして京都フローラの春季リーグ優勝に導いた天才打者。




<優秀選手賞>
三原遥(京都フローラ)

<成績>
22試合 打率.397(68打数27安打)   打点17 出塁率.455

<選出理由>
打率.397でリーグ2位、打点17でリーグトップの成績。
勝負強いバッティングが光りチームの勝利に大きく貢献した。



田口紗帆(埼玉アストライア
 
<成績>
22試合 打率.294(68打数20安打)   本塁打3 長打率.456

<選出理由>
本塁打はリーグトップタイの3本塁打を記録。
2番打者としてチームを勢いづけるホームランを放ち夏季リーグへ繋がるバッティングを披露した。




加藤優(埼玉アストライア)

<成績>
22試合 打率.382(68打数26安打)  出塁率.434

<選出理由>
打率.382でリーグ3位の活躍。
4月30日の試合では決勝の2点タイムリーを放つなど、春季リーグは3番打者として攻撃陣を引っ張った。


【守備部門】
<優秀選手賞>
三浦由美子(愛知ディオーネ)


<成績>
守備率1.000

寺部歩美(愛知ディオーネ)

<成績>
守備率1.000









ページトップへ