ニュースNews

リーグ情報

【6月12日】一面記事

2019年06月13日


ベテランと若手の相乗効果で勝利!

一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは3-0で京都フローラが勝利した。

先発マウンドに上がったのは、夏季リーグ開幕戦で完封勝利を挙げている京都フローラ・植村とこの試合までにすでに7度の完投を記録している愛知ディオーネ・里。

試合が動いたのは2回。
京都フローラはこの回先頭の5番中村、6番三原の連打などで1死2,3塁とすると、8番白石がセンター前にタイムリーヒットを放ち先制に成功、さらに相手のエラーの間に2点目の走者も生還し、好投手・里から2点を奪う。


▲白石のタイムリー

白石は、
「バットの感触的には芯をとらえた感じではなくて、とにかくセンターの前に落ちてと願ってました。
バッティングだけでなく走塁面でも一つ先の塁を狙う積極的な走塁ができたと思います!」
と試合後、この回を振り返る。

その裏、ディオーネは今日6番でスタメン出場の佐藤がショートへの内野安打で出塁すると、その後2死1,2塁とチャンスを拡げるものの、あと一本が出ず得点をあげられない。

京都フローラ・植村はこのピンチを乗り切ると、3回、4回とディオーネ打線を無安打に抑えるピッチング。
対する里も伝家の宝刀・スライダーで三振を奪うなど、好投を見せる。


▲自慢の力強いストレートとキレ味鋭いスライダーで105球の力投となった里

5回表、先制打を放った白石が相手のエラーで出塁すると、2死2塁から厚ヶ瀬のセンターフライかと思われた打球で、ディオーネ守備陣にこのイニング2個目のエラー。
この間に3点目が記録されると、試合は完全にフローラペースに。

里は打線の反撃を信じ、最後まで投げぬいたものの、直球、変化球ともにキレ、球威が最後まで衰えなかった植村から安打を放つことができず試合終了。


▲初回、ディオーネ4番打者の金城から三振を奪う植村

植村は夏季リーグ2戦連続の完封勝利で4勝目。
一方の愛知ディオーネは打線が沈黙し、2戦連続の1安打完封負けとなった。

植村は試合後、
連続完封のとなって、素直に嬉しく思います。
でもこの2試合は村松選手の好リードや、野手の援護のおかげで勝てたと思います。
とくに、ルーキー選手の活躍があるのでベテラン選手との相乗効果で雰囲気も良い中で試合に臨めていると思います!

ただ、四死球が多いのが目立つので打たせてとることを意識して、ストライクゾーンでどんどん勝負していきたいと思います。また、野手が攻撃に入りやすいようにリズムをつくれるようにしていきたいと思います。」とコメントした。

夏季リーグもフローラペースで試合が展開されるのか?
次戦以降の戦いにも注目したい。

試合の詳細はこちら

ページトップへ