ニュースNews

リーグ情報

【6月16日第1試合】一面記事

2019年06月17日


埼玉アストライアサヨナラ勝利!

岐阜県・長良川球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ埼玉アストライア対京都フローラは2-1で埼玉アストライアがサヨナラ勝利を収めた。
夏季リーグでフローラ相手に勝利をあげられていないアストライアは、前回登板でプロ初の完封勝利を挙げた水流麻夏、一方のフローラは龍田美咲が先発し、奇しくも神戸弘陵高校のOG同士の対決となった。

2回表、フローラは1死2,3塁のチャンスをつくると、9番佐々木が水流の2球目をとらえる。
打球は三遊間を破る先制のタイムリーヒットとなり、フローラが試合の均衡を破る。
序盤から先制点をもらったフローラ先発・龍田は4回までアストライア打線をノーヒットに抑える投球で、試合の主導権を渡さない。


▲4回までノーヒットに抑えるピッチングを魅せた龍田

しかし試合が動いたのは5回表。
フローラは2番厚ヶ瀬、3番村松の連打で無死1,2塁のチャンスをつくるが、水流が踏ん張り、フローラの強力な中軸を抑え無失点で切り抜けると、試合の流れが徐々にアストライアペースへ。


5回裏、先頭のみなみが左中間に大きな打球を放つと、この日レフト方向へ吹いていた風にも乗って左中間を大きく破るツーベースヒットとなりチャンスメイク。
6番山崎がバントを決めると、7番只埜はスクイズを敢行。
みなみの好走塁もあり、わずか1安打で試合を振り出しに戻す。


同点に追いついたアストライアは6回から2番手古谷をマウンドへ。
その古谷は危なげないピッチングで2回をノーヒットに抑えると、7回にドラマが待っていた。

1死から5番みなみが2球目を強振すると、左中間のフェンス手前まで運ぶ今日2本目のツーベースヒットとなり「サヨナランナー」として出塁。


▲サヨナラ勝利につながる長打を放つみなみ

6番山崎がヒットで続くと、フローラは龍田に代えて植村をマウンドへ。
対するアストライアも代打・今井志穂をコールし勝負をかける。
スタンドが固唾をのんで戦況を見つめる中、植村が投じた初球がまさかのワイルドピッチとなり、みなみが生還。
みなみの2本の二塁打を得点につなげたアストライアが夏季リーグ初のサヨナラ勝ちで試合を制した。


▲ホームに生還するみなみ

試合後、みなみは
「流れを作るバッティングを心がけて今日の試合に挑みました!甘い球を見逃さずに自分の持ち味であるフルスイングをする!という強い気持ちが結果に繋がったと思います。
チームや球場が盛り上がるプレーで引っ張っていけるように次の試合からも頑張ります。」とコメントした。

一方の京都フローラは打線が中盤以降水流をとらえきれず悔しい敗戦となった。


▲水流麻夏満塁のピンチをしのぐピッチング



試合の詳細はこちら

ページトップへ