ニュースNews

リーグ情報

【6月16日第2試合】一面記事

2019年06月17日



流れを掴むピッチングで勝利!

岐阜県・長良川球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは4-
3で京都フローラが勝利した。

3試合連続で完封負けを喫しているディオーネは地元・岐阜出身の堀田ありさが先発。
その堀田は初回から4番岩谷を見逃し三振にきってとるなど、気迫全開のピッチングを見せる。


▲地元岐阜出身・堀田の気迫溢れるピッチング

打線は2回、先頭の5番寺部が四球を選び出塁すると、盗塁と相手のエラーで無死1,3塁とチャンスを拡大。
すると7番に入った岩見がレフトへ犠牲フライを放ち、4試合ぶりの得点を挙げる。
その後1死満塁とフローラ先発・三輪から再びチャンスをつくると1番西山がライトの頭上を越える2点タイムリーツーベースヒットを放ち、この回一挙に3点を挙げる。


▲西山のライトオーバー2点タイムリー

なおも1死2,3塁となった場面でフローラは2番手小西美加をマウンドへ送ると、後続を打ち取り試合は中盤へ。
4回表、フローラは無死満塁から7番中嶋がライト前にタイムリーヒットを放ち反撃ののろしをあげると、続く5回にもヒットと相手エラーなどで2死満塁のチャンスをつくる。

ここで5番中村がレフト前にタイムリーヒットを放つとレフトの捕球エラーの間に2塁走者もホームを駆け抜け試合は振り出しに。

反撃したいディオーネ打線は5回裏、1番西山のヒットを皮切りに1死3塁のチャンスをつくるが、小西の前にあと一本が出ず得点をあげられない。


▲小西美加ピッチング

すると6回表、フローラは1死満塁のチャンスをつくると、2番厚ヶ瀬が放った打球はサードへのフライとなる。
2塁走者が飛び出し、ディオーネ守備陣がタッチアウトを狙うがこの送球がエラーとなってしまい、痛恨の勝ち越し点を許してしまう。

6回裏、フローラのマウンドには3番手森が登場。
森は最速127キロの速球を軸にディオーネ打線に反撃を許さず、試合終了。

▲持ち味の速球で勝負し、勝利に導いた森

京都フローラが中盤以降試合を立て直し、接戦を制した。

一方の愛知ディオーネは先制点こそ挙げたものの1試合5失策と守備の乱れが響き4連敗となった。

試合後、地元岐阜出身の堀田は、
「長良川球場での試合は残り1試合。必ず地元の皆さんに勝利をお届けできるよう、皆さんの顔を思い浮かべながら練習に取り組んで、最高のプレーをお見せできるように頑張ります」とコメントした。

次戦の堀田の登板、地元での活躍に期待したい。



試合の詳細はこちら


ページトップへ