ニュースNews

リーグ情報

川保『もっといい試合を』アストライアが接戦を制し初戦突破!

2013年11月02日
◇第3回女子野球ジャパンカップ
アストライア 6-4 平成国際大学
(2013年11月2日(土)静岡草薙球場)

11月2日(土)、静岡草薙球場で『第3回女子野球ジャパンカップ』が開幕した。
1回戦第1試合では、女子プロ野球からティアラカップ1位のアストライアと
今年の大学チャンピオンの平成国際大学が対戦。序盤に得点を重ねた
アストライアがプロの意地を見せ6-4で勝利。2回戦進出を決めた。

初回、アストライアは2死一塁の場面で4番川端友紀が左翼線に適時三塁打を
放ち先制。3回には無死満塁と絶好の好機から、5番川保の中前適時打で
2点を追加、4回にも中平、中野の適時打で追加点を奪ったアストライアが
終始試合を優位に進めた。

DSC_0543hp.JPG
【写真】2点適時打を放つ川保

DSC_0480hp.JPG
【写真】中前適時打を放つ中平

5回に先発の中島がつかまり、3点を失うも最後は大倉がしめ、2回戦進出を
決めた。先制打を放った川端友紀は、『チーム全体が体が硬くなっていましたが
その中で、しっかりとそれぞれの役割ができたと思います。この調子で明日も
必ず勝ちたいと思います。』とほっとした表情で話した。

3回に2点適時打を放った川保は『プロとして恥ずかしいプレーをしているので、
しっかり反省をして、明日の試合はもっといい試合をできるようにします。』と
語った。アストライアは明日の第2試合で神村学園高等部と対戦する。


◆1回戦第1試合の詳細はコチラ◆
http://www.jwbl.jp/sokuhou/game/report/105/

◆第3回女子野球ジャパンカップ特設ページはコチラ◆
http://www.jwbl.jp/result/japancup2013/

ページトップへ