ニュースNews

リーグ情報

【6月29日第1試合】一面記事

2019年06月30日



雨吹き飛ばす、元気いっぱい先制タイムリー

静岡県・浜松球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ京都フローラ対埼玉アストライアは6-3で京都フローラが勝利した。

先発マウンドに上がったのはアストライア・谷山莉奈とフローラ・植村美奈子。

試合は初回から動く。
1回表、2死1,2塁から京都フローラの5番中村が放った打球は降りしきる小雨を切り裂き、右中間を大きく破るタイムリースリーベースヒットとなり2点を先制。


▲先制タイムリーを放った中村

中村は、
「何も考えずに思い切ってバットを振り抜くことだけを意識して打席に立てたことが、いい結果につながったと思います。

最近の打撃では少しずつ調子が「よくなってきましたが、現状に満足することなく、日々の練習からしっかりと試合をイメージして練習に取り組んでいきます」とコメント。

さらに6番三原にもタイムリーヒットが生まれ3-0とする。

2回にもフローラ・村松のタイムリーヒットで追加点を挙げ4-0として迎えた2回裏のアストライアの攻撃。
6番山崎、7番田口紗帆の連打で2死1,2塁とチャンスをつくると、1番中田がセンター前にはじき返し1点を返す。
続く3回、3番加藤がヒットで出塁すると、夏季リーグの打率が3割を超えている5番みなみが右中間にタイムリーツーベースヒットを放ち2点差に迫る。

▲打撃好調のみなみのタイムリーで2点差に迫る

その後は両チームランナーを出しながらも決定打が出ずスコアボードに0が並んでいたが6回表、フローラ先頭の9番佐々木がセーフティーバントを決め出塁すると、1死1,3塁とチャンスを拡げる。
ここで3番村松がこの日2本目のタイムリーヒットで応え、貴重な追加点を挙げると、この回さらに1点を加え6-2とすると勝負あり。

アストライアは6回に1点を返したものの、先発・植村から小西、森と継投されたフローラの投手陣を最後まで攻略できず。試合は6-3でフローラが勝利した。
植村は6勝目、森若菜はリーグのセーブ記録にあと3と迫る12セーブ目。

▲12セーブ目を記録した森

一方のアストライアは4連敗となった。

試合の詳細はこちら



ページトップへ