ニュースNews

リーグ情報

【7月12日】一面記事

2019年07月13日



京都フローラ夏季リーグ優勝マジック1


愛知県・パロマ瑞穂野球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは2-1で京都フローラが勝利した。
先発は京都フローラは小西美加、愛知ディオーネは里綾実とエースナンバー「18」を背負う2人の対決となった。

1回裏、愛知ディオーネの攻撃。
2死から3番星川が四球で出塁すると、4番金城がライト前へ運ぶ。
1塁ランナー星川の好走塁で本塁に生還しディオーネが先制に成功

しかし2回表、5番中村がレフトの頭上をこえるツーベースを放ちチャンスをつくると、ノーアウト1,3塁の場面でセカンドゴロダブルプレーの間に試合を振り出しに。

その後両投手の投げ合いが続き、なかなか1点が奪えない。

均衡を破ったのは6回表、京都フローラの村松。

1番三浦伊織、2番厚ヶ瀬のヒットでチャンスをつくると、3番キャプテンの村松がレフト前タイムリーで勝ち越しに成功。
 


▲村松珠希の勝ち越しタイムリー

村松はこのときのタイムリーを
「チャンスで回ってきてもなかなか結果を出すことができませんでしたが、何度もチャンスを作ってくれたチームの皆さんに感謝です」とコメントした。

愛知ディオーネは逆転を狙おうと9番浅野桜子が右中間に打球を運び、中継の乱れる間に3塁へ到達。


▲右中間スリーベースヒットを放つ浅野

同点のチャンスに続く1番三浦由美子。しかし小西がセンターフライに打ち取り試合終了。
小西は、ハーラートップの8勝となった。


小西・村松のバッテリーが投打で勝利を呼び込んだ。
この試合の結果により、京都フローラに優勝マジック1が点灯した。

一方の愛知ディオーネは、連勝がストップ。夏季リーグ優勝の可能性が完全に消滅した。

試合の詳細はこちら

ページトップへ