ニュースNews

リーグ情報

【7月20日第2試合】一面記事

2019年07月21日



沖縄コンビの活躍

愛知県・一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは8-1で愛知ディオーネが勝利した。

久々の地元愛知開催となり、目の前での胴上げを阻止したい愛知ディオーネ。
先発は愛知ディオーネは堀田ありさ、京都フローラは植村美奈子がマウンドあがり、奇しくもオールスターゲームと同じ対決に。

1回裏、4番金城のタイムリーを皮切りにディオーネは初回に一挙3得点を挙げ先制に成功する。
3回裏には、好調寺部の犠牲フライで4点目をあげ、続く6番西山がレフト前ヒットで1死1,2塁とチャンスを拡大。
夏季リーグ優勝を一気に決めたいフローラはここで植村を諦め、二番手として小西をマウンドに送る。

しかし、この日のディオーネ打線は攻撃の手を緩めない。
小西の立ち上がりを攻めるディオーネは、2死1,2塁の場面で本日移籍後初スタメンの前田がレフトの頭上を越えるタイムリーツーベースヒット、2死満塁の場面では1番三浦由美子に押し出しのデッドボールを与えてしまい、6-0。
4回表にも1点を追加し、7-0と試合を優位に進める。


▲前田のタイムリー

しかし5回表、ここまで好調だった堀田だったが、1死満塁のピンチを招くと、4番岩谷の犠牲フライを浴び、1点を失う。
ここから反撃と行きたいフローラはその裏、3番手大串が2死満塁のピンチを背負うと川口監督は4番手に守護神・森をコール。
勝利への執念を見せるものの、3番星川に見極められ痛恨の押し出し四球。大きな1点を与えてしまい8-1。


6回表は、愛知ディオーネ・久保がマウンドに。
アウト3つを全て三振で仕留め、勢いあるピッチングでフローラ打線を抑える。


▲久保の圧巻のピッチング


6回裏、森は当たっている寺部を見逃し三振に仕留めるも、この日誕生日を迎えたヂェン・チーにヒットを浴びると、前田には4本目となるセンター前ヒットを打たれピンチを背負う。後続は抑えたものの、ディオーネの打線の勢いは止めきれない。

▲佐藤を三振に打ち取った森

最後は坂東がランナーを出すも打たせてとるピッチングで締め、試合終了。6月14日以来約1か月ぶりとなった一宮開催で勝利。
さらにこの日誕生日の碇監督に花を添えた。


試合後前田は、「移籍後初めてのスタメン起用で、なんとかチームの勝利に貢献したいと思っていたので一安心でした。」とコメント。
今後の活躍にも注目したい。

一方京都フローラは最短の優勝は7月21日以降に持ち越しとなった。

試合の詳細はこちら

ページトップへ