ニュースNews

リーグ情報

【7月21日第1試合】一面記事

2019年07月22日


御山真悠初ヒロイン

愛知県・一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ埼玉アストライア対京都フローラは3-1で埼玉アストライアが勝利した。


先発は埼玉アストライアが古谷恵菜、対する京都フローラは三輪裕子。

1回裏、埼玉アストライアの攻撃。
1番中田がフォアボールを選び、すかさず盗塁を決めると、ワイルドピッチで無死3塁。
三輪はいきなりのピンチを背負う。

つづく2番只埜はレフトへのフライ。捕球後中田がスタートを切り本塁クロスプレーとなるが惜しくもタッチアウト。しかしここで大山監督がリクエストを要求。
リプレイ検証の結果、判定がセーフに覆り、埼玉アストライアが1点を先制する。


しかしその後は三輪が立ち直り4回まで追加点を許さないピッチングを見せると、5回からは前日先発した龍田をマウンドに送り、無失点を続ける。

▲地元愛知で力投する三輪

対するアストライアも古谷が要所を締めるピッチングでスコアボードに0が並ぶ。


再び試合を動かした、埼玉アストライア。
6回裏、5番みなみ、6番泉由希菜の連続ヒットで無死1,2塁とチャンスメイク。
すると1死1,2塁となった場面で代打の御山が打席に。
左打席から放たれた打球はライトの頭上を大きく超える2点タイムリーツーベースヒットを放ち、3-0と勝利を大きく手繰り寄せる。

最終回の7回表、京都フローラは4番岩谷のヒットと5番中村のフェンス直撃となるツーベースヒットで無死2,3塁とチャンスをつくると、6番三原の犠牲フライで1点を返す。

▲フェンス直撃打を放った中村

このまま同点、逆転へと畳み掛けたいフローラだったが、古谷の好投により後続が倒れ試合終了。

アストライアは連敗を6で止めた。

試合後、御山は「みんなが繋いでくれたチャンス、数少ないチャンスを物にできてよかったです。
昨日、京都フローラの龍田美咲選手と対戦して完敗したので打ってやろうと思ってました。
しっかり捉えられ、ライトを抜けてくれてよかったです。
古谷投手が0で抑えていたので1点追加したいと思ってました。」と初ヒロインのコメントを語った。

▲勝利ダンスの後、アストライアナインで


一方の京都フローラは、痛い2連敗。
次戦愛知との対戦で夏季リーグ優勝を決められるか。
重要な一戦に注目したい。

試合の詳細はこちら



ページトップへ