ニュースNews

リーグ情報

【7月23日第2試合】一面記事

2019年07月24日


埼玉アストライア夏季リーグ2位確定

愛知県・一宮市営球場で行われた女子プロ野球・夏季リーグ愛知ディオーネ対埼玉アストライアは2-0で埼玉アストライアが勝利した。

同じ対戦カードとなったダブルヘッダー2戦目の先発は、愛知ディオーネは里綾実。対する埼玉アストライアは左腕・水流麻夏。
両投手1回は無失点に抑える上々の立ち上がり。

しかし2回裏、里は、8番山崎のヒットなどで2死1,3塁のピンチをつくると、続く9番田口真奈にライト前タイムリーを浴び、埼玉アストライアに先制を許してしまう。

しかしその後は立ち直り、キレ味鋭いスライダーを武器に強打者を打ち取っていく。


▲里、御山を空振り三振に

一方、水流は3回までパーフェクトに抑える好投を披露。久しぶりの先発登板でその成長ぶりを見せつける。

▲星川を三振に仕留めた水流のピッチング

再び試合が動いたのは、6回裏。
3番加藤、4番今井の連続ヒットで2死1,2塁の場面。
6番泉由希菜がセンター前タイムリーヒット。
アストライアベンチにとって貴重すぎる追加点をあげる。

最終回7回表、ここで本日2回目の登板となった古谷がマウンドに。
力強いボールを武器にわずか4球でディオーネ打線を打ち取り試合終了。

埼玉アストライアはダブルヘッダー2戦を連勝で締め、3連勝。
6回無失点の水流が5勝目を挙げた。

水流は試合後、
2試合目に谷山選手がいい流れで繋いでくれたので、私も自分らしいピッチングをすることができました。
久しぶりの先発で少し緊張していましたが、野手のみなさんがどんな打球でも守ってくれたり、先制点を取ってくれたから勝つことができました。」とコメントした。

一方の愛知ディオーネは3安打と打線が沈黙。今シーズン最後の一宮開催を勝利で飾ることができなかった。

試合の詳細はこちら

ページトップへ