ニュースNews

リーグ情報

【8月3日第2試合】一面記事

2019年08月04日

田美咲、無四球完封勝利で成長見せる

熊本県・リブワーク藤崎台球場で行われたティアラカップ熊本大会・1回戦第2試合、京都フローラ対愛知ディオーネは1-0で京都フローラが勝利した。

京都フローラの先発は龍田美咲、対する愛知ディオーネは堀田ありさ。

先制点を手にしたのは京都フローラ。
3回裏、京都フローラの攻撃。
2死走者なしの場面から9番佐々木が左中間を破るスリーベースヒットを放ちチャンスをつくると、1番三浦伊織がライト前にタイムリーを放ち幸先よく先制。

▲ライト前タイムリーヒットで先制した三浦伊織

その後両投手の好投が続く。

4回裏、1死から本日5番に打順を上げた、地元熊本県出身の中嶋がセンター前ヒット。

惜しくも後続が倒れ得点には繋がらなかったが、地元ファンに活躍の姿を見せることができた。

▲球場に駆けつけてくれた地元・中嶋南美ファン

応援のおかげで2打席目打てました!みんなの応援が本当に背中を押してくれました。」と喜びを語った

5回表、堀田の好投に応えたい愛知ディオーネは、
6番奥村がレフト前ヒットを放つと、7番榊原が送り1死2塁とチャンスを広げる。
しかし、龍田を攻略できず、1点が遠い。

その後は両投手三者凡退の好投が続き、
1点を追う最終回、ディオーネは4番金城からの好打順だったが三者凡退に終わり試合終了。

京都フローラが1点を守り抜き、ティアラカップ決勝戦への切符を掴み取った。
先発の龍田は、無四球完封勝利。
龍田は、2017年9月に行われたティアラカップ熊本大会で育成チーム『レイア』で先発。プロ初完投勝利をあげた球場でもあり、思い出が深い場所。


▲龍田が初完投勝利した時の映像

この上ない立派に成長した姿を見せることができた。

対する堀田も3安打1失点無四球の力投。
しかし、打線の援護が及ばず、敗戦となった。


▲3安打1失点好投の堀田

試合の詳細はこちら

ページトップへ