ニュースNews

リーグ情報

【8月4日3位決定戦】一面記事

2019年08月05日

負けては帰れない!星川あかり意地の決勝打

熊本県・リブワーク藤崎台球場で行われたティアラカップ熊本大会・3位決定戦、ライオネス対愛知ディオーネは4-2で愛知ディオーネが勝利した。


先発は愛知ディオーネは左腕・笹沼菜奈、対するライオネスは久保夏葵と、普段はチームメイト同士の対決となった。

初回、両者ランナーを出しながらも持ち味を活かしたピッチングで無得点に抑える。

試合が動いたのは3回裏、愛知ディオーネの攻撃。
9番浅野がレフト前ヒットで出塁すると、送りバントなどで1死2,3塁のチャンス。
ここで3番星川がライト前にタイムリーヒットを放ち先制。

ここでライオネスは早くも2番手ピッチャー磯崎にスイッチ。

▲エース磯崎が3回裏を最小失点に抑える

4番金城に追加点となるタイムリーを浴びるもその後は緩急を武器に後続を抑え、最小失点に抑える。

しかし、4回裏には西山のセンター前タイムリーヒットが飛び出し追加点を与えてしまう。


ここで磯崎はマウンドを降り、3番手に海老を送る。

5回表、愛知ディオーネもピッチャーを変え、リリーフとして坂東に。
5回・6回とランナーを出しながらも無得点に抑える。

5回裏、ライオネスは4番手に三輪をおくるが、愛知ディオーネは攻撃の手を緩めることなく代わり端を襲う。

1死1塁の場面で1塁にいた星川が盗塁を決め、1死2塁とすると、5番寺部が自身通算200安打目となるレフト前タイムリーを放ち、4−0とライオネスを突き放す。

その後、ライオネスは三輪から泉由有樹にマウンドを託し、見事後続を抑える。

▲1回2/3を無失点で抑えた泉由有樹

このままディオーネの完封勝ちかと思われた最終回の7回表。
愛知ディオーネは抑えに小原を起用。

ライオネスは監督・小西自ら「代打・小西」をコールしバッターとして出場。
レフト前ヒットを放ち、球場を沸かせる。

▲代打で出場した小西美加選手兼監督

続く1番佐藤にもヒットが飛び出しノーアウト1,2塁。
チャンスの場面で、1回戦より守備で大活躍している戎嶋がバットでも魅せる。
レフトの頭上を大きく越える2点タイムリーツーベースヒットを放ち2点差に。

▲レフトオーバー2点タイムリーを放つ戎嶋

なおもランナーを得点圏に置き、流れはライオネスに行くかと思われたが、小原の前に後1本が出ず試合終了。
4-2で愛知ディオーネがティアラカップ3位を決めた。

一方のライオネスは連敗となったが次戦ティアラカップ北海道大会での戦いが楽しみになる試合を見せた。

試合後、戎嶋は、
4位という結果で終わってしまいましたが、すごく良い雰囲気で戦えました。
いつもと違うチームでプレーすることで、普段は気づかないことにも気づけたり、私にとってはすごく収穫のあった大会となりました。

泉由有樹も
悔しい結果になりましたが、ピッチングで収穫を得ることができました。アストライアに戻ってもチームに貢献できるように練習していきます。」と意気込みを語った。

試合の詳細はこちら

ページトップへ