ニュース

News

リーグ情報

【8月4日決勝戦】一面記事

2019年08月05日

埼玉アストライア・ティアラカップ熊本大会優勝

熊本県・リブワーク藤崎台球場で行われたティアラカップ熊本大会・決勝戦、埼玉アストライア対京都フローラは4-2で埼玉アストライアが勝利した。


埼玉アストライアの先発は古谷恵菜、対する京都フローラの先発は植村美奈子の背番号19番対決。

1回表、植村はアストライアを二者連続三振に仕留めるなど、絶好調の立ち上がり。

その裏、対する古谷は、3番村松に左中間を破るツーベースヒットを浴びると2死2,3塁の場面で地元熊本県出身の5番中嶋を迎える。

地元ファンの大声援を受けた中嶋は初球を振り抜くと、ライトの頭上を大きく超える2点タイムリーツーベースヒットとなり先制。
球場に駆けつけたファンを沸かせる。

▲ライトオーバー2点タイムリーツーベースヒットを放ち活躍する姿を見せる中嶋

しかし、ここからアストライア打線が奮起する。

3回表、1番中田がライト前ヒットで出塁すると、フォアボールなどで1死1,3塁と得点のチャンス。
打席には4番今井。ここはきっちりとセンターへの犠牲フライを放ち1点差に。

5回表、この回先頭の中田が右中間へツーベースヒットを放ちチャンスメイクすると、2死3塁から今井が今度はレフト前にタイムリーを放ち試合を振り出しに戻す。
このタイムリーが自身通算200安打、さらに通算100打点のメモリアルヒットとなり、一気に2つの記録を達成する。
今井は、「『チャンスをつくるから絶対打ってね』という中田の願いを果たすことができた。
5回にもチャンスを作ってくれ、これは絶対に決めないと!と思い打席に入りました。有言実行できてよかったです。チームメイトも本気で喜んでくれて、メモリアルな忘れられない最高の日になりました。
と喜びを爆発させた。



▲200安打と100打点を一気に達成した今井

その後は両チーム逆転のチャンスを狙うも両投手の好投になかなか点が奪えない。

最終回の7回表、埼玉アストライアの攻撃。
ここで京都フローラは女子プロ野球界最速ピッチャーであり守護神の森にスイッチ。

中田がこの日猛打賞となるライト前ヒットなどで無死1.2塁とすると、続く只埜が送り、1死2,3塁。
ここで前日も決勝打をあげた加藤がバットを振り抜くと、打球はレフト前へ。2塁ランナーも一気に生還し、貴重な一打で4−2と勝ち越しに成功。この試合初めて主導権を握る。

▲勝ち越しタイムリーを放つ加藤
その裏は古谷がそのままマウンドへ。
打線の援護に気合十分の古谷はフローラ打線を三者凡退に抑え、埼玉アストライアがティアラカップ熊本大会優勝を飾った。


▲6勝目をあげた古谷

一方の京都フローラは、守護神・森が悔しい今季初黒星。
打線がつながらず、完全優勝を逃した。

試合の詳細はこちら

ページトップへ