ニュースNews

リーグ情報

【9月1日第2試合】一面記事

2019年09月02日


埼玉アストライア快勝!


埼玉県・越谷市民球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対愛知ディオーネは9-2で埼玉アストライアが勝利した。

先発はエース対決。埼玉アストライアは越谷市の隣、埼玉県春日部市地元出身の谷山莉奈、対する愛知ディオーネは里綾実。

1回表、愛知ディオーネの攻撃。
1番西山がライト前ヒットを放つと2番三浦由美子の送りバントなどで2死2塁とし、4番金城のレフト前タイムリーヒットで先制する。


▲秋季リーグも活躍が期待される金城の先制タイムリー

2回も制球に苦しむ谷山を襲う。
2死満塁となったところで、西山がこの日2安打目となるセンター前タイムリーヒットを放ち、追加点。

▲マルチヒットとなるセンター前タイムリーヒットを放ち追加点をあげた西山

しかし、地元での2連敗は避けたい埼玉アストライア。ここから反撃ののろしをあげる。

2回裏、1死1塁の場面で、スタメン起用された6番御山がライト線を破るタイムリースリーベースヒットを放ち、反撃を開始すると、7番田口紗帆がレフトへの犠牲フライで試合を振り出しに。


3回裏には、2番只埜がセンターの頭上を超えるタイムリーツーベースで逆転に成功。

▲逆転タイムリーを放ち、塁上で喜ぶ只埜

さらに4番泉由希菜が右中間を破るタイムリーを放ち追加点。

ここからディオーネを引き離していく。
2死2,3塁となったところで、再び6番御山がレフト前タイムリーを放ち5-2。
エース里をマウンドから引きずりおろす。

その後、5回に3点、6回に1点を追加するなど9-2で試合を決め快勝となった。

母校・春日部女子高校の生徒がスタンドから見守るなど、地元の声援を力に変えた谷山は、7回を投げ切り完投勝利をあげるとともに、この試合で2つの三振を奪い自己通算100奪三振を達成。

谷山は、
序盤はなかなかリズムに乗れなかったですが味方の援護に助けられて自分らしく投げられました。
三振を取るタイプではないので今まで色んな人に支えてもらい、100奪三振を達成することができ感謝しています。
地元の方がたくさん見に来てくれたのでとても力になりました!
しかし、秋季リーグに向け変化球のコントロールを意識して練習に取り組んでいましたがまだまだバッティングカウントで甘く入ることが多かったのでそこは修正していきます。
と応援してくれた人たちに感謝の気持ちを伝え、次戦に向けての意気込みを語った。

さらに御山は3安打2打点の猛打賞。全打席出塁しチームの勝利に貢献した。
御山は、
秋季リーグ開幕戦ということで、この日をとても楽しみに待っていて、開幕から自分にできることをしっかりできるように準備してきました。
2試合目は指名打者としてチャンスをもらったので、なんとしてもこのチャンスを活かしてやろうという気持ちで試合に臨みました。
一打席目からヒットが出たことによって、あとの打席でも落ち着いて自分の役割を果たせたと思います。
チームの勝ちに少しでも貢献できたことが良かったです。
またこれを次の試合にしっかりと活かせるようにまた練習していきたいと思います。
とコメントした。

一方の愛知ディオーネは、初回こそ勢いがあったものの、埼玉アストライアの強力打線を止めることができず、惜しくも敗戦となった。




▲秋季リーグを待ちわびたたくさんの埼玉ファンが球場に駆けつけ、選手たちに声援を送った

試合の詳細はこちら


ページトップへ