ニュース

News

リーグ情報

【9月4日】一面記事

2019年09月05日

埼玉アストライア3連勝!

埼玉県・川口市営球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対京都フローラは1-0で埼玉アストライアが勝利した。

打線好調の埼玉アストライアと春夏連覇の京都フローラの対決。
先発のマウンドには夏季リーグ防御率1位の水流麻夏、対する京都フローラはベテラン小西美加。

試合前に水流は、「前日の磯崎選手に負けないくらいいいピッチングをしたい。」とコメント。
対する小西は、「埼玉アストライアの打線が調子良いようなので、打者が嫌がるピッチングをしたいと思います。」と意気込みを語った。


1回表、埼玉アストライアの攻撃。
2死2塁の場面で、2塁にいた中田が3塁への盗塁を成功させると、送球エラーの間にホームを狙い、見事生還。
思わぬ形で先制点を手にする。

2回表、京都フローラの攻撃。
2死2塁のチャンスの場面。
7番田中がレフトへヒット性の当たりを放つも、加藤優のファインプレーに阻まれ無得点。
埼玉アストライアは守備でも隙を与えない。


3回裏水流は、9番佐々木希、1番三浦伊織を二者連続見逃し三振に仕留め、三者凡退。
次の回も三者凡退に抑え、強力フローラ打線を0点に抑えていく。


奮起したい京都フローラは5回裏、先頭の中村が魅せる。
右中間を深々と破る打球を放つと快足を飛ばして一気に3塁まで到達するスリーベースヒット。

▲右中間スリーベースヒットを放つ中村

フローラ応援席が沸くが、ここで水流もギアチェンジ。

三振と内野ゴロでアウトを重ね、2死1,3塁となったところで9番佐々木を迎える。
捉えたかに見えた打球だったがレフトフライに仕留められ、得点ならず。

この試合最大のピンチを乗り切った水流は最後までこの1点を守り抜き、埼玉アストライアは2試合連続完封勝利、3連勝を収めた。


▲三連勝を喜び合うアストライアナイン

試合後水流は、
絶対0で抑えるという気持ちで投げました。
しかし、有利なカウントから打たれたり、決めるカウントで決めきれずボールになって無駄球を投げてしまったことで三者凡退で終わることができなかった場面もありました。
次戦以降は失投を無くすことと、ボール1個分の出し入れが出来るようにしていきたいと思います。」とコメントした。


▲試合後、チームメイトに称えられた水流

一方の京都フローラは、ミスから失点を許してしまい、好投の小西を最後まで援護出来ず。
悔しさの残る敗戦となった。


試合の詳細はこちら

ページトップへ