ニュースNews

リーグ情報

【9月7日第1試合】一面記事

2019年09月08日

秋季リーグ初の引き分け

埼玉県・市営浦和球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対愛知ディオーネは4-4で引き分けに終わった。

2試合連続完封勝利で3連勝中の埼玉アストライア、その先発マウンドには秋季リーグ初先発の泉由有樹。
対する愛知ディオーネは堀田ありさ。

▲秋季リーグ初先発の泉由有樹

1回表、愛知ディオーネの攻撃。
1番中田がレフト線へのツーベースヒットを放ち早くもチャンスをつくると、4番泉由希菜がピッチャーの足元を抜けるセンター前タイムリーヒットでこれに応え先制。

その後両チーム得点が奪えないまま5回裏、愛知ディオーネの攻撃。
先頭の7番奥村がセンター前ヒットを放つと送りバントなどで1死1,2塁と逆転のチャンス。
1番西山が泉由有樹の投じた初球をはじき返し、センター前タイムリーで追いつくと、続く代打榊原が初球をとらえ、ライト線2点タイムリーツーベースヒットで3-1逆転に成功する。


▲センター前タイムリーヒットを放った西山

埼玉アストライアは泉由有樹を諦め、一尾にスイッチ。
しかし、その代わり端、本日4番でスタメン出場の前田がセンター前タイムリーツーベースで4-1とリードを広げる。

このまま愛知ディオーネの勝利と思われた最終回。
ここで埼玉アストライアが反撃の狼煙をあげる。
1死満塁の場面で、本日2安打目となる中田のライト前タイムリーが飛び出し1点を追加。
続く2番只埜のライトゴロの間に1点を追加し、1点差に迫ると、何としても勝利したい愛知ディオーネは先発の堀田から小原にスイッチ。

しかし、4番泉由希菜にこの日2本目となるタイムリーを浴び、同点に追いつかれる。

その裏、埼玉アストライアは甲斐田がマウンドに。
ランナーを許すも、無得点に抑え、試合終了。
4-4の痛み分けとなり、秋季リーグ初の引き分けとなった。

試合後、本日4番としてスタメン出場した前田は、
今日は試合前に指導者に4番を任されましたが皆が思っているランナーをかえす4番ではなく、繋ぐとゆう形で4番になりました。最初の2打席は役割が果たせなかったのですが、3打席目にしっかりと打てたので、少しはチームの役に立てたかなと思います。
4番を意識しすぎず、自分のプレーをする事が1番だなと感じた試合でした。」とコメントした。


▲5回裏、センター前タイムリーツーベースヒットを放った前田

試合の詳細はこちら

ページトップへ