ニュース

News

リーグ情報

【9月15日第1試合】一面記事

2019年09月16日


水流麻夏、完投勝利!

埼玉県・川口市営球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対京都フローラは5-1で埼玉アストライアが勝利した。
先発は、前回(9/4)で対戦した水流麻夏(埼玉アストライア)と小西美加(京都フローラ)。
前回京都フローラは惜しくもミスから失点を許してしまい、悔しさの残る試合となってしまった。
そのリベンジを期して本日再び対戦。


▲通算1,000イニングの記録がかかる小西

1回裏、埼玉アストライアの攻撃。
2死満塁のチャンスをつくると、試合開始前の時点で秋季リーグ打率5割超と絶好調の6番御山の選球眼が勝り、フォアボールを選び押し出し。
続く田口紗帆がレフト前タイムリーヒットを放つなど打者一巡の猛攻を見せ、この回だけで一挙5得点をあげる。

▲レフト前タイムリーを放ちチームを勢いづけた田口紗帆

3回表、京都フローラの攻撃。
1死2塁の場面で、2番厚ヶ瀬がレフト前タイムリーを放ち1点を返す。
しかし、後続が続かず反撃もここまで。

その後も水流の好投に阻まれ、得点が奪えない。

京都フローラは、通算1,000イニングの記録のかかった小西を5回2/3で諦め、今井巴菜、三輪裕子の継投でこれ以上の失点を防いだ。

▲秋季リーグ初登板の今井巴菜


▲無失点に抑えた三輪

水流もこれ以上点はやるまいと調子をあげ、4点差を守り抜いた。

5-1で埼玉アストライアが勝利し、水流が完投勝利をあげた。

試合後水流は、
チームが先制点を取ってくれたので、楽に投げることが出来ました。
フォアボールも多かったのですが、取れるところでダブルプレーが取れてよかったです。
2ストライクに追い込んでから有利なカウントなのに決め球が甘く行くことが多く、打たれることが多いのでボール球を上手く使えるように制球していきたいと思います。」とコメントした。



一方の京都フローラは水流を攻略できず痛い敗戦となった。


試合の詳細はこちら

ページトップへ