ニュース

News

リーグ情報

【9月17日】京都対愛知/試合記事

2019年09月18日

 

気持ちを一つに

埼玉県・上尾市民球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ京都フローラ対愛知ディオーネは4-0で愛知ディオーネが勝利した。
秋季リーグ初対戦となる京都フローラの先発は植村美奈子。
対する愛知ディオーネは中2日の登板となった里綾実。

今日こそディオーネの勝利なるか。
注目の一戦は2回裏に動く。
愛知ディオーネの攻撃。

4番金城がしぶとくレフト前ヒットを放つと、フォアボールと送りバントなどで無死満塁と先制のチャンスをつくる。

▲レフト前ヒットを放った金城

ここで7番奥村の放った打球をサードの佐々木がエラー。
思わぬ形で1点を先制することに成功する。
さらに押し出しフォアボールやワイルドピッチの間などに得点を重ね、この回で3得点。

5回裏には、3番星川がライトの頭上を越えるツーベースヒットを放ったのをきっかけに1死3塁で追加点のチャンス。
5番寺部の犠牲フライでディオーネはさらに4-0とリードを広げる。

▲寺部がダメ押しとなる犠牲フライを放つ

里の完封、愛知ディオーネの勝利がかかった最終回の7回表、先頭の4番岩谷にツーベースヒットを浴び、ピンチを背負う。
1死から6番三原を見逃し三振に仕留める。最後は里のこの日111球目、118キロのストレートが外角いっぱいに決まり7番中嶋を2者連続で見逃し三振に打ち取りゲームセット。

愛知ディオーネの連敗が6でストップ。ようやく秋季リーグ勝利を掴み取った。
里は今シーズン14完投目となり、5勝目をあげた。

完封勝利をおさめた里は、
秋季リーグスタートから苦しい展開やうまくいかないことが多かったのですが、前を向いて頑張ろうとみんなでやってきました。
中2日でしたが、疲れている暇はないのでマウンドに上がりました。
自分ができるピッチングでチームの勝利に貢献できたらと思っています。
勝負する以上は勝たないといけないので、勝つための準備をして、チーム全体で気持ち一つに頑張っていきます。
とコメントした。



一方の京都フローラは、里からあと1本が打てず秋季リーグ初の連敗となった。

▲秋季リーグ初ヒットを放った中嶋

試合の詳細はこちら

ページトップへ