ニュース

News

リーグ情報

【9月20日】愛知対京都/試合記事

2019年09月21日

 


愛知ディオーネ3連勝!

埼玉県・県営大宮球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ愛知ディオーネ対京都フローラは6-4で愛知ディオーネが勝利した。
京都フローラに2連勝の愛知ディオーネ。先発は松谷比菜乃、対する京都フローラは今シーズン初先発の大串桃香。

2回裏、京都フローラの攻撃。
2死2塁から7番白石のセンター前ヒットでチャンスを拡大すると、
続く8番戎嶋がレフトの頭上を越えるタイムリーツーベースで2点を先制する。

▲先制タイムリーを放った戎嶋

しかし3回表、愛知ディオーネが試合を大きく動かす。
満塁から押し出しで1点を返すと、
4番金城の犠牲フライで同点に。
ここで、京都フローラは大串から今井にスイッチ。
しかしその代わり端、5番寺部がライトオーバータイムリーツーベースヒットを放ち、勝ち越しに成功。
さらにここで三浦由美子が代打で登場。その三浦由美子は三遊間を破るタイムリーで起用に応えると、7番岩見にもタイムリーが飛び出し5-2とリードを広げる。

▲代打起用に応えた三浦由美子

しかしその裏、連続フォアボールとワイルドピッチで2死1,3塁となったところでディオーネは松谷を諦め、2番手小原美南をマウンドに送る。
小原は後続を抑え、無失点で切り抜ける。

4回裏、6番三原、7番白石に連続ヒットが飛び出し、2死2,3塁の場面。
打席に三浦伊織が立ったところで、ディオーネは小原から3番手・サウスポーの笹沼菜奈がマウンドに。
しかし、三浦伊織が初球を弾きセンター前2点タイムリーヒットで1点差に迫ると、
5回裏からは4番手坂東がマウンドへ。2イニングをパーフェクトに抑える好リリーフを見せる。


▲3イニングを1安打無失点に抑える好投を見せた坂東

最終回の7回表、
代走の榊原が盗塁に成功し、2死2塁の場面。
ここで、本日勝ち越しタイムリーを放った寺部がレフト前タイムリーを放ちダメ押しに成功。

その裏、最後は3イニングス目となった坂東が村松の放ったピッチャーライナーをグラブに収め、試合終了。
総力戦で挑んだ愛知ディオーネが春夏連覇のフローラ相手に3連勝した。

試合後、寺部は
連勝で迎えた昨日の試合は、どんどんせめて守りに入らないように、思い切ってやっていこうと挑みました。
負けが続いていた時は、どうしても結果を気にしてプレーが小さくなっていたり、慎重になりすぎたりして、余裕を持てず引き気味になっていました。
ですが、1つ勝ち、連勝し、ディオーネの良さを思い出して、こういう風に戦っていけば、勝てるというのを肌で感じ、それが自信にもなり、本来のあるべき姿を思い出せたような気がします。
特に今回の試合は、スタートから出ている選手、途中から出た選手、みんながそれぞれの役割を全うして戦い抜けたことが勝利へ繋がり、全員の力で勝つことができました。」とコメントした。(ディオーネインスタグラムより引用)

一方の京都フローラは、中盤以降ディオーネ投手陣を捉えきれず4連敗となった。

試合の詳細はこちら

ページトップへ