ニュース

News

リーグ情報

【9月22日第1試合】愛知対埼玉/試合記事

2019年09月24日

 


両者一歩も譲らず、完封ドロー

埼玉県・朝霞中央野球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対愛知ディオーネは0-0の引き分けに終わった。
ディオーネ戦、まだ負けのないアストライアの先発は水流麻夏。
3連勝中のディオーネの先発は里綾実。


2回裏、埼玉アストライアの攻撃。
4番泉由希菜が右中間を破るツーベースヒットを放ち無死2塁と先制のチャンス。


▲先制のチャンスをつくる4番泉由希菜

しかし、バントや盗塁が決まらず、この回無得点。


5回裏、再びチャンスをつくるアストライア。
8番山崎、9番田口真奈に連続ヒットが飛び出し、2死1,2塁となったところで1番中田。
しかし、ディオーネの好守備に阻まれ、あと1本が出ない。

最終回の7回表、今度はディオーネがチャンスをつくる。
4番金城がショートへの内野安打で出塁し、5番寺部が手堅く送ると、6番三浦由美子内野安打でつなぎチャンス拡大。
さらに8番奥村がデッドボールで2死満塁とする。
本日最大のピンチをつくった水流だったが、9番浅野をライトフライに仕留め、この回を切り抜ける。

その裏、里は1アウトから代打の太田あゆみをデッドボールで歩かせてしまうが、7番田口紗帆をダブルプレーに打ち取り、試合終了。

▲太田がサヨナランナーとなるも、ディオーネの好守備に阻まれ両者引き分けに

秋季リーグ2度目となる0-0の引き分けに終わった。

▲最終回、見事無失点に抑えた里

水流はディオーネ打線に対し、3安打に抑える好投。9勝はならなかったものの堂々としたピッチングを見せた。


試合の詳細はこちら

ページトップへ