ニュース

News

リーグ情報

【9月23日第2試合】埼玉対愛知/試合記事

2019年09月24日

愛知ディオーネ5連勝!

神奈川県・平塚球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対愛知ディオーネは3-1で愛知ディオーネが勝利した。
埼玉アストライアの先発はディオーネ相手に3連続完投勝利をあげている磯崎由加里。
対する愛知ディオーネの先発は、サウスポーの笹沼菜奈。
埼玉栄高校出身同士の先輩後輩対決となった。

1回表、埼玉アストライアの攻撃。
1番中田がライト前ヒットで出塁すると、盗塁を決め、1死3塁と先制のチャンス。
3番加藤がフォアボールを選び1死1,3塁としたところで、好調・4番泉由希菜がライト前タイムリーヒットを放ち先制に成功する。

▲先制タイムリーを放った泉由希菜

しかし、その裏、愛知ディオーネは本日1試合目の勢いそのままに苦手とする磯崎を捉える。
1死1塁の場面で3番星川がライト前ヒットを放つと、送球の間にランナーがそれぞれ進塁し、1死2,3塁と一気に逆転のチャンス。
ここで4番金城が同点となるセンター前タイムリー、続く5番絶好調の寺部がレフト前タイムリーを放ち一気に勝ち越しに成功。
3-1とリードを広げる。

▲同点となるセンター前タイムリーを放つ金城


▲勝ち越しとなるレフト前タイムリーを放つ寺部

笹沼もそれに応えるかのように好投を魅せる。
2回、3回と三者凡退。合計4つの三振を奪う。

2回裏、愛知ディオーネの攻撃。
ここで、8番奥村に通算100安打目のヒットが飛び出す。
待ち望んでいた100安打目に塁上で笑顔が見られた。

▲自身通算100安打を達成した奥村

奥村は、
あと1本からが正直しんどかったですが、本当に打った瞬間はホッとしました。
節目なのでこれからもたくさん打てるように頑張ります!」とコメントした。

3回裏、愛知ディオーネの攻撃。
ツーアウトランナーなしの場面で5番寺部が内野安打で出塁。
さらに盗塁成功、ピッチャー牽制送球エラーの間に一気に3塁へ得点圏に進みチャンス拡大。
6番三浦由美子が放った打球はサードゴロとなるが、送球エラーの間に3塁にいた寺部が生還。

▲3点目を入れたディオーネベンチの様子

4回以降はスコアボードに0が並ぶ。

6回表、ツーアウトランナーなしの場面で5番山崎。
ディオーネはここでマウンドにレイア・黒長を送る。
勢いのある重い打球でファウルフライに仕留め、流れをディオーネに引き寄せる。

▲公式戦初マウンドとなった黒長

最終回の7回表、愛知ディオーネは最後に守護神の坂東瑞紀をマウンドに。
打たせてとるピッチングで危なげなく三者凡退。

▲最後無失点に抑えた坂東

愛知ディオーネは最後まで2点差を守り抜き、秋季リーグ5連勝となった。

笹沼は、5回2/3を77球4奪三振で1失点の好投。秋季リーグ自身初勝利を飾った。

一方の埼玉アストライアは、2試合連続で勝利を手にすることができなかった。

試合の詳細はこちら

 

ページトップへ