ニュース

News

リーグ情報

【9月28日第2試合】埼玉対京都/試合記事

2019年09月30日

加藤優のタイムリーで同点に

東京都・江戸川区球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ埼玉アストライア対京都フローラは4-4で引き分けとなった。

埼玉アストライアの先発は水流麻夏、対する京都フローラは植村美奈子の左腕対決となった。

1回表、埼玉アストライアの攻撃。
東京出身、1番中田がセンター前ヒットで出塁すると、続く只埜がレフトの頭上を超えるタイムリーツーベースヒットで先制。
3番加藤が送ると、東京出身の泉由希菜がレフト前タイムリーを放ち2点目を追加する。

▲地元出身泉由希菜がレフト前タイムリーを放ち活躍を見せる

しかしその裏、3者連続ヒットが飛び出し、埼玉アストライアは無死満塁のピンチを招く。
4番岩谷をサードゴロに仕留めるも、野手陣に痛恨のエラーが生まれる間に2塁走者がホームに生還。
京都フローラが1点を返す。

さらに4回裏、再びノーアウト満塁のピンチを招いたアストライア。
6番三原をダブルプレーに仕留めるも、7番中嶋にセンター前タイムリーヒットを許し、試合を振り出しに戻される。


▲同点タイムリーを放った中嶋

6回裏、無死1,3塁の場面で6番三原のセカンドゴロの間に3塁走者がホーム生還。
勝ち越し点をあげ、これが自己通算100打点目となる。

さらに2死1,2塁の場面で、9番佐々木がセンター前タイムリーヒットを放ち、さらに埼玉アストライアを引き離す。

このまま2連勝といきたい京都フローラは、リーグ記録更新を目指す守護神森若菜を投入する。

しかし、2死3塁の場面で、1番中田が本日2本目となるセンター前タイムリーヒットを放ち1点差に。
続く2番只埜がヒットで繋ぐと、3番加藤が同点となるレフト前タイムリー。
土壇場で試合を同点にすると、4番泉由希菜にもヒットが飛び出し、満塁。
勝ち越しのチャンスをつくるも後続が打ち取られ、追加点ならず。

結局、4-4で規定により引き分けとなり、江戸川開催1日目が終了した。

試合の詳細はこちら

ページトップへ