ニュース

News

リーグ情報

【9月29日第2試合】埼玉対京都/試合記事

2019年09月30日

森若菜、リーグセーブ記録更新!16セーブ達成

東京都・江戸川区球場で行われた女子プロ野球・秋季リーグ愛知ディオーネ対埼玉アストライアは10-1で京都フローラが勝利した。

埼玉アストライア先発は谷山莉奈、対する京都フローラは10勝目を狙う龍田美咲。

▲二桁勝利に向けて力投する龍田

1回裏、京都フローラの攻撃。
2死1,2塁の場面で5番中村にタイムリーが飛び出し先制。

さらに2回裏、押し出しフォアボールなどで3-0となったところで先発の谷山が退き、甲斐田がマウンドに。
満塁のピンチで登板した甲斐田は4番岩谷を空振り三振に仕留めるも、5番中村に右中間を破る走者一掃タイムリースリーベースヒットを打たれてしまい6-0。

▲走者一掃タイムリースリーベースで一気に埼玉を引き離す

さらに、ワイルドピッチの間に1点を追加する。

3回裏、埼玉アストライア投手陣の制球が定まらない中、またもワイルドピッチの間に1点を追加。
さらに4番岩谷のダメ押しとなる左中間2点タイムリーツーベースヒットが飛び出し、10得点と大量リード。

▲ダメ押しとなるタイムリーを放つ岩谷

6回表、ここでフローラは龍田から守護神森若菜にスイッチ。
1点を許すも、最終回の7回表は危なげないピッチングで三者凡退に仕留め、京都フローラに軍配が上がった。

龍田は3年目にして自身初の10勝目をあげ、森はリーグ記録を4年ぶりに塗り替える新記録の16セーブ目。
初開催となった江戸川の地で、2人の若き才能が金字塔を打ち立てた。

試合後森は、
女子プロ野球新記録セーブ16を達成してとても嬉しく思います。
春季リーグ、夏季リーグと違って秋季リーグはなかなか結果が出ず、チームの足を引っ張ってばかりで私自身、凄く落ち込んだ時もありました。そんな時に、指導者の方やチームの皆からの声掛けが励みとなり、抑えで投げている以上不安要素は見せないように自分らしく投げようと思った結果が新記録に繋がったと思います。これまでに積み重ねてきたセーブ記録は私が投げる場面を作ってくれた先発のピッチャー、そして、点を取ってくれた野手の皆のおかげです。感謝してもしきれないくらいの気持ちでいっぱいです。
まだまだ試合は残っていますが、しっかり自分の役割を果たしてチームの勝利に貢献し、更に完全制覇目指して頑張ります。
とコメント。


▲試合後勝利ダンスで喜びを分かち合うフローラナイン

一方埼玉アストライアは、投手陣が踏ん張り切れず。序盤の大量失点が最後まで響き、勝利できなかった。


▲プロ入り初ヒットを放った中川

試合の詳細はこちら

ページトップへ