ニュース

News

リーグ情報

ベストナイン受賞コメント

2019年11月12日

【◆ベストナイン】


植村美奈子(投手)

投手として結果を残すことはできましたが、投げた後の打球処理など小さいミスをしてしまうことがあるので、細かい部分も詰めていけるようにこのオフで取り組んでいきたいと思っています。

 

村松珠希(捕手)

試合に出させてもらう中で、ピッチャー1人ひとりが、どんなことを考えているのかを知りたくて、自分から話しかけることを意識しました。
相手のことを知ることでリードの幅を広げることができ、キャッチャーとして成長できた1年だったと感じています。

 

星川あかり(三塁手)

これまであまりサードを守る機会は無かったのですが、守備に対しての不安は少なかったのでバッティングに集中することができました。
本職はショートなので、来年は自分が守りたいポジションでベストナインが受賞できるように頑張りたいと思います!

 

厚ヶ瀬美姫(遊撃手)

あまり人と競ったりするタイプでないので、試合の残るプレーをしようと心がけています。
結果はもちろんですが、試合を観に来た方の心を動かせていたら嬉しいです。

 

三浦伊織(外野手)

毎年活躍し続けることを目標にしているので嬉しいです。ま
だまだ若い選手に負けたくないと思ってプレーしていますが、女子野球界全体の発展のために、私を追い抜いていこうという若い選手が出てきてほしいと思っています。

 

 

中嶋南美(指名打者)

長打力が持ち味なので試合の中で結果を残せて嬉しいです。
特に地元熊本での試合(ティアラカップ熊本大会)はたくさんの方に応援してもらっている前で、長打を打つことができ自信にすることができました。
ホームランを打てなかったことが心の残りなので、来シーズン打てるように練習を続けていきます。

 

 

ページトップへ