ニュースNews

リーグ情報

2015年度リーグ新体制について

2014年12月25日
いつも日本女子プロ野球リーグに温かいご声援ありがとうございます。
 
日本女子プロ野球リーグ2015のリーグ体制について下記の通りお知らせいたします。
 
2015年シーズンはより地域に密着していくため、ディオーネの活動拠点を兵庫県淡路市へ、レイアの活動拠点を宮城県へ移し、球団活動拠点の地名を球団名に付け京都フローラ、埼玉アストライア、兵庫ディオーネ、東北レイアと球団名を一新いたします。より地域の方々から応援いただける球団運営を行ってまいります。
 
また、リーグの競技レベルアップと育成を目的に、宮城県に拠点を置く東北レイアについては、高卒ルーキーなどの若手選手を中心に、育成チームとしての環境を整え活動いたします。東北の地に女子野球を根付かせ、将来TOPリーグに再び参戦する球団となるよう運営してまいります。

スライド1-3np.jpg


<新球団代表>
フローラ 萩原麻子  コメントはこちら
ディオーネ 大下和彦  コメントはこちら
レイア 益田詩歩  コメントはこちら




<新リーグ体制>


taisei1np.jpg


taisei2np.jpg



※キャンプはそれぞれの球団で実施。レイアはフローラと合同で実施予定。
※開幕戦は3月末に開幕予定。
※今シーズンは新たに前期と後期の間でオールスター戦を実施。
※年間約60試合行う予定です。
 
 
●前後期制
⇒公式戦日程を、前期と後期に分け、前後期制にて公式戦を実施します。
 
 
●優勝の決定
前期優勝チームと後期優勝チームにて女王決定戦3試合を行い、2戦先勝したチームが年間女王となします。
※前期優勝チームと後期優勝チームが同一の場合は、勝率2位のチームが女王決定戦進出となります。
 
<新チーム体制>
florataisei2015.jpg

astraiataisei2015.jpg

dionetaisei2015.jpg

reiataisei2015.jpg

ページトップへ