ニュース

News

リーグ情報

【試合結果】6月27日(土)フローラvsアストライア第2戦

2020年06月28日

▲先発登録メンバー

 

京都フローラvs埼玉アストライア第2戦、
京都フローラの先発は今シーズン初先発の坂原愛海。
対する埼玉アストライアの先発はプロ入り初先発となった柳理菜。

 

▲プロ入り初先発の柳理菜

 

緊張の初回。
両投手は1点ずつ失うも、1-1の緊迫した中、試合は進む。

 

3回裏、埼玉アストライアの攻撃。
フォアボールと送りバントなどで1死3塁とチャンスをつくる。
京都フローラは何としても抑えたいところだったが、ワイルドピッチの間に3塁走者の中田が生還。
勝ち越しを許してしまう。
その後フォアボールとヒットなどで1死1,2塁。
しかし坂原は5番みなみと6番高橋を二者連続三振に仕留め、この回最小失点に抑える。

 

最終回の5回表、埼玉アストライアは1点を守り抜くため、抑えに古谷を起用。
しかし、1番三浦、3番村松にヒットを許し1死1,3塁。
ここで4番田中がレフト線へタイムリーツーベースヒットを放ち同点に。
続く中嶋が犠牲フライを放ち勝ち越しに成功。

 

5回裏、「先輩を信じて投げた」とここまで最終回まで登板した坂原。
打たせてとるピッチングで三者凡退。

 

緊張しながらも見事完投。
貴重な1点を守り抜き、嬉しいプロ入り初勝利をあげた。

 

試合後坂原は、笑みをこぼしながら、
「勝つことができてホッとしている。
緊張はしたけれど、自分のやるべきをやるだけだと思ってマウンドに上がった。
強打の打線なので、意識して力んでしまう所もあったけど、先輩選手からアドバイスをもらい、気持ちを落ち着かせてリラックスして投げることができた。
今日はチームに助けてもらったので、次からは自分のピッチングでチームに貢献できるようにしたい。」と語った。

試合の詳細はこちら

■京都フローラ川口監督コメント
前回と同じように序盤負けていて、終盤にひっくり返すことができ、今シーズンはこういう勝ち方今年のチームの特徴なのかなと思う。
先発の坂原選手は、まだまだの所はあるけど完投できたのは上出来だった。
打撃では、前の試合が終わってからアドバイスを多く送っていた田中選手/戎嶋選手が結果を残してくれて良かった。
野手投手も全体的に調子が上がってきたと思うので、一戦一戦大切に次の試合も戦っていきたい。」

 

■埼玉アストライア新原監督コメント
あと1本1点が遠かった試合だった。
先発した柳選手は、立ち上がりリズムが悪かったけど、何とか持ち直して役割を果たしてくれ、いいピッチングだった。

 

古谷選手の抑えでの起用は、計画通り。
最終回が相手の上位打線からだったので、ベンチに居る1番良い投手で勝負したかった。
打撃については、打てない日ももちろんあるけど、そんな場面でも点数を取れるチームにしていかないといけないと思う。
積極的なスイングで仕掛けていけるように、修正して次戦以降臨んでいきたい。

ページトップへ