ニュース

News

リーグ情報

【試合結果】7月7日(火)ディオーネvsアストライア第3戦

2020年07月08日

 

▲先発出場登録メンバー

 

愛知ディオーネ対埼玉アストライア第3戦。

愛知ディオーネ先発はエース植村美奈子。
対する埼玉アストライアは今シーズン2回目の先発登板となった柳理菜。

1回裏、埼玉アストライアの攻撃。
植村は、1番中田を見逃し三振に仕留め、プロ10年目の快挙、通算300奪三振を達成する。

しかし、その後3番泉にレフトの頭上を越えるツーベースヒットが飛び出し、続く岩谷にもヒットを許す。
2死1,3塁の場面で7月1日にホームランを放ったみなみがセンター前へタイムリーを放ち埼玉アストライアが先制する。

 

3回表、愛知ディオーネの攻撃。
ここまで好投していた柳の制球が乱れ、2者連続のフォアボール。
ノーアウト1,2塁の場面で打撃好調の9番関が送りバントを決め、さらに送球エラーの間に2塁走者が生還。
試合を振り出しに戻す。
続く1番白石がセカンド内野安打で勝ち越しに成功。すかさず盗塁を決め、ノーアウト2,3塁の場面、1番浅野が右中間を破る2点タイムリースリーベースヒットを放ち、4-1と埼玉アストライアを引き離す。

愛知ディオーネの攻撃はまだまだ続く。
1死3塁の場面で4番金城がライト線へタイムリーツーベースヒットを放ち、5-1。
ここで埼玉アストライアは柳を諦め、黒長をマウンドに送る。
その代わり端、5番寺部にもタイムリーツーベースが飛び出し6-1とこの時点で勝利を手堅いものにした。

埼玉アストライアは5回と6回に1点ずつ追加するも、愛知ディオーネの守りを打ち崩せず、試合終了。

6-3で愛知ディオーネが2連勝となった。

 

試合後植村は、
「先制はされたけど、しっかり投げ切れたので、気にならなかった。野手陣にも援護をもらって、助けられた試合だったと思う。300奪三振について、自分自身三振を取る投手じゃないけど、チームメイトから「あと1つ、あと1つ」と声を掛けられ意識していた。この試合の最初の打者で決めることができたので、その後もいい流れで投げることができた。チームが非常に良い状態なので、選手兼コーチとしても選手が毎試合力を発揮できるようにサポートしていきたい。」
と初開催となる甲賀市民スタジアムで喜びを語った。

 

試合の詳細はこちら

 

 

■愛知ディオーネ・厚ヶ瀬監督コメント

投手陣が全イニングの先頭打者を切ってくれたので、守り切れた。
攻撃では、下位打線が機能してくれているのが大きかった。
勝ちはしたけど、終盤の得点チャンスをモノにできなかったりしたので、内容はもっと詰めていきたい。
試合後半に攻めていって、相手が向かってこれないような戦い方をしていきたい。

 

■埼玉アストライア・新原監督コメント

自分たちのミスが招いた結果。
ピッチャーの立て直しをしなくてはいけないと思う。1イニングにフォアボールとミスが多く出てしまったこと、制球に苦しんでカウントを取りにいった甘い球を長打を打たれることがここ数試合で多く出ている。
打線の方は状態は良いけど、打つべきボールを選べていない選手が多いので、修正していきたい。

ページトップへ