ニュース

News

リーグ情報

【試合結果】ディオーネvsアストライア第6戦

2020年07月22日

▲先発出場登録メンバー

 

ディオーネvsアストライア第6戦。

首位を走るディオーネと3連勝中のアストライアとの対決。

ディオーネの先発は坂東瑞紀。対するアストライアは今シーズンすでに2つの完封勝利をあげ、コントロール抜群の水流麻夏。

 

2回裏、埼玉アストライアの攻撃。
5番みなみがレフト前ヒットで出塁すると、続く高橋が送り2死3塁の場面で8番坂口がセンター前タイムリーヒットで2試合連続の先制を放つ。

坂口は「(先制のタイムリーヒットについて)先輩方から繋いでもらえたので、ここで打ちたいと思った。
打ったのはアウトコースのスライダーで、ストレート待ちだったがうまく反応できた。
結果として得点できたことと、後ろのバッターにつなぐことができて良かった。
私の思い切りの良さや力強い打撃を評価されていると思うので、自分らしいプレーで次の試合もチームに貢献したい。」とコメント。

 

 

その後、両投手好投により点を与えない。

 

再び試合が動いたのは5回裏。
2死1,3塁の場面で打撃好調の2番田口からこの日2安打目となるレフト前タイムリーが飛び出し追加点をあげ2-0。

 

最終回、ディオーネはエース植村にスイッチ。
3人で締め、追加点を与えない。

その裏、7番西山が右中間を破るツーベースヒットを放ち2死2,3塁とチャンスをつくるも、最終バッター鈴木をセカンドゴロに仕留め、無得点のまま試合終了。

埼玉アストライアが4連勝を飾った。

水流は3度目の完封勝利をあげた。

 

試合後、
「チームの4連勝、私自身も完封ができてすごく嬉しい。
無駄球が無くせて、少ない球数で追い込めたバッターが多かったので、良かったと思う。
最終回は危ない展開になってしまったけど、泉選手がタイムを取ってくれ、間を作れた落ち着き直すことができた。
5回、相手打線に捕まりそうになった部分は良くなかった。
グランド整備空けなど、間が空いた時に気持ちを切らさないようにすることを課題に次の試合に挑みたい。」と自分のピッチングを評価した。

 

ディオーネは悔しい敗戦となったが、ノリにのっているアストライアをわずか2点に抑えることができた。

次戦以降も見応えある試合展開に期待したい。

 

試合の詳細はこちら

 

 

■アストライア・新原監督コメント
我慢比べの試合を選手たちが最後までに集中してくれたことが良かった。
先発の水流選手は途中崩れかけたけど、修正することができていた。
(タイムリーを放った)打撃について坂口選手が、開幕前から練習から試合に繋がる取り組み方をしていたから打つと思っていた。
下位打線の繋がりが、この連勝に大きく関わっている。選手たちには「6番~9番で1点を取ろう」と常に話しているので、その通りの活躍をしてくれた。
4連勝できているけど、気を緩ませず自分たちのやるべきことをやって、次の試合も臨んでいきたい。

 

■ディオーネ・厚ヶ瀬監督コメント
1点が遠かった。
バッテリーについては、最少失点に抑えくれたのと、試合前の打ち合わせ通りに作戦を実行してくれたので、投手陣の頑張りは大きいと思う。
打線は、チャンスで1本出せるようにしなくてはいけない。浅いカウントから振れない選手も出てきているので、次戦までに修正していきたい。

ページトップへ