ニュース

News

リーグ情報

【試合結果】フローラvsアストライア第8戦

2020年08月05日

 

▲先発出場登録メンバー

フローラvsアストライア第8戦。
フローラ先発は龍田美咲、対するアストライアは古谷恵菜。
 
両者エース右腕同士の対決でプレイボール。

 

投手戦の予想された試合展開だったが、初回から試合が動く。
 
1回裏フローラの攻撃、先頭三浦伊織が右中間を破るツーベースヒットで出塁し、続く佐々木もヒットを放ち、わずか6球で無死1,3塁のチャンスを作る。
 
ここでバッターは、ここ3試合ノーヒットが続いている3番村松。1塁走者の佐々木がスチールを決め、2,3塁とチャンスを広げ、迎えた3球目だった。
 
「結果が出ていないことは気にせず、来た球に強いスイングをすることだけ考えていた」とコメント通りに振り抜いた打球は左中間へ飛ぶ2点タイムリーヒット。
 

理想的な攻撃の形で、フローラが2点を先制する。

反撃したいアストライアだったが序盤から緩急を織り交ぜ、テンポ良い投球を魅せる龍田の前に得点出来ない。攻略の糸口が掴めそうだった3回表、先頭の8番三上が内野安打で出塁するが、9番中村がスリーバント失敗、その後追い打ちをかけるように1塁走者三上が、けん制死で一瞬にしてツーアウトに。続く1番中田も倒れこの回無得点に終わる。引き寄せたい流れを自ら断ってしまう結果となった。

 

追加点の欲しいフローラは5回裏、ヒットと相手のエラー、さらにダブルスチールを成功させ、02,3塁とすると村松のライトゴロの間に1点を追加。2塁走者は本塁を陥れようとするも1歩届かずタッチアウト。

ただ、これでは終わらないのが今日のフローラ。2死で迎えるのは4番田中。1ボール2ストライクと追い込まれてからの5球目、高めの直球を振り抜いた。打球は左中間のラッキーゾーンを超えるホームランに。

 

 

打った田中は、

「前の村松選手が返してくれたのでフルスイングすることだけ考えていた。捉えた感触はあったが、外野フライだと思っていたので入って素直に嬉しい」と打席を振り返った。

初回の失点以降、無失点に抑えていたアストライアの古谷だったが、終始主導権を握るフローラの打線に痛い追加点を許してしまった。
 

6回裏にも変わった髙橋を攻め立て、打者一巡の猛攻で4点を挙げ試合を決定付けた。終わってみれば、フローラが12安打9得点で快勝。
 
先発の龍田は74安打無失点と今季初完封で2勝目を挙げた。

 

試合後龍田は、「チームを勝たせるピッチングをしたい!という気持ちで試合に臨んだので、勝つことが出来て嬉しい。開幕から納得のいくピッチングができず、苦しんでいたのでこの試合をきっかけに、自分自身にも勢い付けて次戦に臨んでいきたい」とコメントを残した。

 

アストライアは5失策など、攻守ともにミスに泣かされたゲームとなった。

 

試合の詳細はこちら

 

 


■フローラ・川口監督コメント
初回から攻守ともに良い形で入れたので、期待が持てた。中盤以降どこかで1点欲しいと思っていた所で、得点することもできたので理想的な試合運びが出来た。
 

先発の龍田もようやく本来のピッチングを見せてくれた。常に今日のような結果を残してくれたらチームとしても大きい。次戦以降も攻守ともに11球を丁寧にプレーしていきたい。

 

■アストライア・新原監督コメント
自分たちで首を絞める展開を作ってしまった。
 

シーズンを戦っていけば調子が悪かったり結果が出ない時はあることだと思う。ただ、ミスをした後に気持ちを切り替えられずに、次のプレーに移っていた選手がいたことは良くなかった。この試合での失敗や良くなかったことを振り返って、次戦に向けて修正していくようにチーム全員で取り組んでいきたい。

 

ページトップへ