ニュース

News

リーグ情報

【試合結果】ディオ―ネvsフローラ第9戦

2020年08月30日


先発登録出場メンバー

 

ディオーネvsフローラ第9戦。
ディオーネ先発は入団5年目の坂東瑞紀、フローラ先発はルーキーの亀田織音。
経験豊富な技巧派投手と勢いのあるルーキー投手の対決となった。
 

 

1回表ディオーネは、1死からフォアボールと相手のエラー、ヒットで1死満塁とし、5番星川が犠牲フライを放ち1点を先制。

 

尚も21,2塁から、続く西山が右中間に2点タイムリーツーベースを放ち、更に2点を追加し3-0とする。

 

 

 

反撃したいフローラだったが、ディオーネ先発坂東の前に、2回までノーヒットに抑え込まれてしまう。しかし、ここ数試合打線が好調のフローラは、簡単には終わらない。

 

3回裏、ここまでノーヒットで抑えられていたディオーネ先発坂東を攻め立て、ツーアウトながら2.3塁のチャンスを作り、3番村松、4番田中の連続タイムリーで2点を返し、2-31点差に詰め寄る。

 

 

続く4回裏にも1死からデッドボールと2本のヒットで1死満塁とし、
9番鎌田が右中間を破る2点タイムリーツーベースで、4-3と逆転を遂げる!

 

 

その後フォアボールで1死満塁とし、2番佐々木のレフト前ヒットで更に1点を追加し、この回5-3と試合をひっくり返した。

 

試合が決定付いたかと思われたが、ディオーネが執念を見せる!

 

5回の表、後の無いディオーネは、1死から連打で1,2塁とチャンスを作り、4番金城の打球は平凡な内野ゴロに。ダブルプレーでフローラの勝利を想像した瞬間、

 

なんとショート戎嶋が、打球を捕り損ねオールセーフとし1死満塁にピンチが広がる。

 

この隙をディオーネは逃さなかった。
続く5番星川が右中間の2点タイムリーツーベースを放ち、試合は振り出しとなる。

その後両チーム共に点を奪えず、5-5の引き分けで試合終了。

 

フローラは最終回の守備の乱れ、ディオーネはチャンスでの詰めの甘さと両チーム課題の残ったゲームであった。

 

しかし最後まで、目の離せない見ごたえ満載の試合であったことは、言うまでもない。

 

シーズン終盤に差し掛かる中、この先の結果がどう転ぶか、誰にも予想のできない展開になるだろう。

 

 

試合後、太田幸司スーパーバイザーは、ここまでの各チームの戦いぶり、今後の展望についてコメントを残した。


 

この先の各チームの動向に、ますます目が離せない!

 試合の詳細は 

 

 

フローラ・川口監督コメント
亀田選手の勝ち星を守備陣が、足を引っ張り潰してしまった。亀田選手は内容も悪くなく、最後まで自分らしいピッチングを見せてくれた。バッター陣も序盤狙い球を仕留めきれなかった点を試合中に修正出来たことが、中盤以降の得点に繋がったと思う。打撃については申し分ない状態でプレー出来ているので、ピッチャーを含めた守備が雑にならないように気を引き締めて次戦以降臨んでいきたい。

 

 

 

ディオーネ・厚ヶ瀬監督コメント
勝ち切らないといけない試合だった。初回奪った3点のリードに甘えてしまって、点を取り切る、勝ち切るという気持ちが薄れてしまったと思う。先発した坂東選手は、ボール自体は悪くなかったが、相手打者の特徴を見ながら、配球や守備位置を変えるなどもっと工夫が必要だと感じた。バッター陣については、今日のように攻める姿勢を忘れずに攻撃すること、その中で1点に対して貪欲になることを選手たちに伝えていきたい。

 

 

ページトップへ