ニュース

News

リーグ情報

【試合結果】フローラvsディオーネ第14戦

2020年10月03日


 
▲先発出場メンバー
 
フローラvsディオーネ第14戦。
 
ディオーネはこの試合結果で、シーズン優勝が決まる大一番。対するフローラは、シーズン3位が確定しているが今季苦手としているディオーネに一矢報いたい。
 
フローラの先発は坂原愛海、ディオーネは左腕の植村美奈子。


 
試合は立ち上がりから両者ともにランナーを出すも、両先発が粘りの投球を見せスコアボードに0が並ぶ。
 
そんな両チームに3回、この試合1番のチャンスが舞い込む。
 
3回表フローラは、先頭の代打龍田がヒットを放ち出塁。

 


 
その後フォアボールで01,2塁と絶好のチャンスを迎える。
 
ここで1番三浦が放った痛烈な当たりは、ディオーネのファースト金城のミットにダイレクトに収まる。さらにこの打球に、飛び出していた走者がそれぞれアウトになりトリプルプレーが成立。

 

その裏ディオーネの攻撃は、9番白石がフォアボールで出塁し、続く西山がプロ入り通算100安打目となるヒットを放つ。

 


 
この打球で3塁を狙った白石がアウトになるも、その後2つのフォアボールで満塁のチャンスをつくるが、5番寺部が倒れ無得点に終わる。
 
この3回の攻防で両者ツキに見放されたのか、最終回も互いにスコアリングポジションにランナーを進めるが、得点できず0-0の引き分けで試合終了。
 
この結果で、ディオーネの優勝マジックは「1」に変動し、2020シーズン優勝へ大手をかけた!
 
フローラは先発の坂原が5回を投げ2安打無失点と、シーズン終盤に調子を戻す活躍を見せるが、打線がチャンスで振るわず勝敗が付かなかった。
 
早ければこの日の2試合目、アストライアフローラ戦でアストライアが敗れると、ディオーネの優勝が決まることになる。
 
ディオーネがこのまま優勝を決めるのか、アストライアが待ったをかけるのか、この後の試合にも注目したい。
 
試合の詳細はこちら

 

■フローラ・川口知哉監督コメント
チャンスで一本が出せなかった。3回の三浦選手の打球がトリプルプレーになったあの場面が明暗を分けたと感じている。先発の坂原選手は、ここ最近調子の上がらない試合が続いていたが、自身で乗り越えようとする兆しが現れていたので登板させた。制球に苦しむ場面もあったが、彼女本来の力を発揮できていると思う。打撃では5イニングという展開の中で、普段起こらないようなプレーが出たのでディオーネ戦ではやはり何かが起こるなと感じた()。この後の2試合目では、先制して流れを掴み有利に試合を進めていきたい。

 

■ディオーネ・厚ヶ瀬美姫監督コメント
チャンスを自ら逃してしまった試合だったと感じている。守備については、今季調子が上がらず苦しんでいた植村選手の気持ちの強さに賭け、先発に起用した。期待通りの結果を残してくれ、やはり彼女がエースだと確信できた試合だった。打撃では相手先発の坂原選手が一枚上手だったと思う。それでもチャンスをつくることはできているので、強い気持ちで打席を迎え、結果を残せるように選手たちへ声をかけていきたい。マジックを1にできたが、チームとして余裕はないので1戦ずつ目の前の試合に臨み、1日でも早く優勝を決めて応援してくださっているファンの皆さまへいい報告ができるようにしたい。
 


ページトップへ