ニュースNews

ディオーネ

【7/31 公式戦結果】エース里綾実(#18)の粘りの投球と中村香澄(#27)の通算100安打で後期初勝利!

2015年07月31日
いつも兵庫ディオーネに温かいご声援ありがとうございます。
本日、淡路佐野第一球場にて埼玉アストライアと公式戦を行いましたので、試合結果をお知らせいたします。
 
◆試合結果
 
兵庫ディオーネ 7-2 埼玉アストライア
 
埼玉アストライア
000 200 0=2
101 113 X=7
兵庫ディオーネ
 
 
【球場】
淡路佐野第一球場
 
 
投手:里(7回)
捕手:寺部(7回)
 
 
▽本塁打:なし
▽三塁打:なし
▽二塁打:田中,大山
 
 【打者】
 
1(遊)厚ヶ瀬    2-1-0
2(中)三原     3-0-0
3(左)寺部         2-2-2
4(一)大山      1-1-1
5(左)小久保          2-0-1
6(三)石塚             3-0-1
7(指)田中    2-2-0
8(右)川崎             0-0-0
9(二)中村香澄      3-2-1
 ※表記は左から[打順][ポジション][名前][打数]-[安打]-[打点]
 
 
詳細はコチラをご覧ください
 
 
 
 【投手】
 
里:7回(92球) 打者30 被安打6 奪三振1 四死球4
 
 
【戦評】
 
炎天下の中行われた対埼玉アストライア 第13戦は、ディオーネが7‐2で勝利した。

初回、先頭打者の1番厚ヶ瀬がセンター前ヒットで出塁すると、送りバントとフォアボールで1死満塁とチャンスを拡大した場面で相手のワイルドピッチがあり1点を先制。3回にも、1死2,3塁から6番石塚のセンターへの犠牲フライで1点を追加した。
 
その後、同点とされるも、4回1死3塁から9番中村香澄の通算100安打目となるレフト前タイムリーヒットで1点を勝ち越した。
 
勢いのついたディオーネは5回にも1死2塁から4番大山のレフト線タイムリーツーベースヒットで1点を追加。6回にもダメ押しとなる3点を追加し試合を決定づけた。
 
また、エースの里は7回を6安打2失点に抑える粘りのピッチングで公式戦では約2か月ぶりとなる勝利を飾った。


dione0215.jpg

スマートフォン版はこちら

ページトップへ