ニュース

News

リーグ情報

【コンベンション2015】角谷賞(MVP)受賞コメント

2015年12月05日
★角谷賞(MVP)投手部門
◆植村 美奈子(フローラ/背番号19)

uemuramvp20151205.jpg
 
私はいつもチームで2番手、3番手のピッチャーで、毎年先発ローテーションから外れていました。今シーズン、初めて1年間を通して投げ抜くことができました。それができたのも、自信を持ってマウンドに立てるように声をかけてくださった新原監督、技術面・精神面で指導してくださった朝井コーチ、いつも助けてくれたチームのみんな、どんな時も温かいご声援を送ってくださったファンの皆様、野球を始めて18年間私のワガママを聞き入れてくれた家族、本当にたくさんの方に支えられてここまでやってくることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。
この1年間、色々なことを学びました。勝たないといけない、抑えないといけない、感じたことのないプレッシャーと戦う毎日でした。今シーズン得たものを更に伸ばし、一人の人として大きく成長できるようにこれからも頑張ります。
そして、今ここに立てているのは女子野球に夢の舞台を作ってくださった角谷社長はじめ、たくさんの方のご支援があるからです。感謝の気持ちをプレー、そして日々の行動で表せられるように、これからも女子野球の普及・発展、そして全国の女子野球選手の夢で在り続けるためにより一層努力してまいります。

★角谷賞(MVP)打者部門
◆大山 唯(ディオーネ/背番号3)

ohyamamvp20151205.jpg

私が昨年入団を決意したのは、野球が好きという思いのほかに、昨年角谷賞を受賞した三浦伊織選手と一緒にプレーしたいという思いがあったから、この世界を目指そうと思いました。
そして、同じ環境で同じプロ野球選手として戦う中でさらにすばらしさを感じましたが、対等に戦いたい、それを超えたいという気持ちが次第に芽生えてきました。今シーズン、このような成績として結果に残すことができたのもその思いがあったからだと思っています。
来シーズンは今年以上の結果を残せるように、入団時から掲げていた「ホームランを打つこと」を目標に来シーズンも頑張りたいと思います。
 

ページトップへ