ニュース

News

リーグ情報

【コンベンション2015】ベストナイン受賞コメント

2015年12月05日
★ベストナイン投手賞受賞
◆植村 美奈子(フローラ/背番号19)
監督、コーチ、チームメイト、ファンの皆様、この5年間数えきれないくらいたくさんの方に支えがあり、ようやくこの場に立てました。
来年もチームの優勝のために、一つ一つコツコツと努力して参ります。
 
 
★ベストナイン捕手賞受賞
◆寺部 歩美(ディオーネ/背番号10)
キャッチャーとして本当に悔しい思いをしたシーズンでしたが、チームの勝利になんとか貢献したいという思いで勝つためにはということを考えやってきました。たくさん経験できたこと、この悔しさを糧にもっと成長して来シーズンプレーしていきます。
 
★ベストナイン一塁手賞受賞
◆大山 唯(ディオーネ/背番号3)
ノーヒットが続き、悩んだ時もとにかく目の前の一打席、一打席に集中し、ピッチャーと勝負するように心がけてきました。
あと自分の中での意識で変わったことはフォームの中でここだけは絶対崩さないというポイントがわかり、それがたくさんのヒットを生み出すことにつながったのだと思います。
 
★ベストナイン二塁手賞受賞
◆小西 つどい(フローラ/背番号7)
シーズンが開幕した時、今までの3年間を通して、一番ベストな状態でシーズンを迎えることができたと思います。
開幕前に、昨シーズンの結果以上を目指し、失策0、打率3割という目標を設定してオフシーズン取り組んできました。結果、昨年以上の結果を残すことができましたがこれに満足することなく、フローラ3連覇に繋がるプレーを一つ一つ積み重ねていきます。
 
 
★ベストナイン三塁手賞受賞
◆山崎 まり(アストライア/背番号7)
追いつかれたらすぐに点を取る意識を常に持ち、ここぞの打席で結果を出すことができました。中軸で使い続けてくれた監督、コーチ、そしていつもチャンスで回し、還ってきてくれたチームメートに感謝の気持ちでいっぱいです。この気持ちを忘れず、恩返し出来るように来年、更に成長した選手になるように精進します。
 
★ベストナイン遊撃手賞受賞
◆厚ヶ瀬 美姫(ディオーネ/背番号6)
今シーズン、選手兼任コーチという任務を任され、前期は地に足がつかない状況で戸惑いを感じることが多くありました。
後期の打率向上は監督をはじめチームのみんなに支えられたおかげです。
若手選手の成長も著しく、チーム力でジャパンカップの王者に登り詰め今シーズン有終の美を飾ることもできました。
これも全て最高のチームメイトあってのことと感謝してます。
来シーズンも更なる女子野球の発展向上に努めるとともにスキルアップを目指し精進してまいります。
 
★ベストナイン外野手賞受賞
◆三浦 伊織(フローラ/背番号3)
5年連続ベストナイン外野手を取ることができました。来年も継続して獲得できるように、努力を怠ることなく、練習に取り組んでいきます。
 
 
◆三浦 由美子(アストライア/背番号9)
ベストナインに選出していただきありがとうございます。初受賞で本当に嬉しく思います。今年はプロ四年目で初めてヒロインになったり、100安打を記録したり初めて経験したことが多いシーズンでしたが、自分一人の力ではなく、ここまで四年間たくさんの監督、コーチ、チームメイト、様々な関係者の方から指導していただき成長できていることだと思います。本当に感謝しています。また、いつも熱い応援をしてくださっているファンの皆様のご声援が私の力になっています。これからは技術面、精神面で向上心を持ち日々成長できるよう邁進していきます。ありがとうございました。
 
 
◆三原 遥(ディオーネ/背番号2)
私の役割である出塁すること、次のバッターに繋ぐことを心がけた結果、このような賞をいただくことができたと思っています。私自身タイトル初受賞なので大変嬉しく思います。来シーズンは守備でもチームを盛り上げ総合優勝に貢献し、きちんと自分の役割が果たせられる選手になれるよう精進してまいります。
 
 
★ベストナイン指名打者受賞
◆池山 あゆ美(フローラ/背番号25)
私たち女子野球選手が毎日野球ができるという環境が決して当たり前ではないということを肝に命じて、感謝の気持ちをいろいろな形で示していけるよう今後も精進して参ります。

 
bestnine20151205.jpg

ページトップへ